クッキーの大きさ

学校は先週の金曜で終わったのだが、クリスマス準備に入り、なにやかやと忙しい。たとえば昨日、日曜はクッキーを2種焼き、うち1種は十分冷めてからアイシングがけ。今日はこれからジムに行き、その後、週一のお決まりの買い物。帰ってきたらまたクッキー焼き。明日は掃除とクリスマスイブの夜の食事(Réveillon)の下準備、という具合である。

クリスマス前になるとせっせとクッキーを焼くのは、クリスマス期間に食べるからという目的ももちろんあるが、もうひとつ、クリスマスギフトとして人に届ける予定もあるからである。感謝の気持ちを表したいが品物を贈るのは少々大げさという時、自家製の(少々いびつな)クッキーは、相手に負担をかけず、しかし貰うと結構うれしいということで、何かと便利なのである。が、贈る際、1種類ではつまらないので、少しずつ何種類か詰め合わせる。ついでに毎年同じでは芸がないので、定番ジンジャーブレッドクッキーは別として、他は毎年少しずつ変える。ために手間がかかる。毎日2、3種ずつ、3、4日続けて焼くのはそのためである。

ところで昨日焼いたクッキー2種だが、実は生地は学校で作った。ジョジアンが11日からキューバにバカンスに行ってしまい、代わりにマーク・アンドレという以前フランス語教室を担当したことがある人が代わりに来たのだが、彼がなぜか授業の一環としてクッキー作りを実施したのである。まあレシピはフランス語だし、材料を買いに行く時も使うのはフランス語だから、これもフランス語の勉強にはなり、ついでにみんなでわいわいとクッキーを焼くのは、クリスマス前のうきうきしたお祝い気分に拍車をかけてくれて、なかなか楽しいクラスではあった。

ただし、“協力してクッキーを焼く際、フランス語でコミュニケートする”というのは、実際に作り始め、粉やスパイスや砂糖が飛び交って調理室が戦場の様相を呈してくると、コトは危急を要す、フランス語などまだるっこしくて使ってられるか!ということで、それぞれ互いに最も楽な言語でやりとりを始めてしまい、調理室はアラビア語、スペイン語、中国語、英語、たまにマーク・アンドレが叫ぶフランス語、と各国語が入り乱れることとなった。

それでも生地はおおむねちゃんと出来た。オーブンの大きさと時間の都合で、それぞれ天板1枚分だけ焼いて残りは持ち帰った。レシピは例のRicardoさんのを使ったが、北米のレシピは量が多いので、家で焼いてみると、合計天板3枚分以上あった。

ちなみに作ったのはジンジャーブレッドクッキー(Biscuits au pain d'épice)とクランベリー入りアイスボックスクッキー(Biscuits aux canneberges réfrigérateur)だったが、そのジンジャーブレッドクッキーを型抜きする際、マーク・アンドレが持ってきたクッキー型と、私が去年買ったクッキー型を比べて、思わず溜息が出た。彼の型は、私の型の10倍くらいの大きさだったのである。雪だるまに言わせると彼の型の方が標準で、私が買った型は“一口サイズ”のミニミニクッキー用だそうだが、私に言わせれば北米標準は大き過ぎ。こんな大きさのクッキーをむしゃむしゃ食っているから、北米人はでぶになるのである。摂取カロリー削減のため、北米クッキー協会は、よろしくクッキー型を2回りくらい小型化すべきである。ついでにクッキーに使う砂糖と油脂の量も削減すれば、なおよろしい。もっとも砂糖と油脂が少ないクッキーは、「おいしくない」と北米人には評判が悪いだろうが。

IMG_4523.jpg


     マーク・アンドレの型(左)と、私の型(右)
     この差ですよ、みなさん!


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1639-9a437029

Comment

Amei

息子がクリスマス会で「人形型ジンジャーブレッドクッキーとアイシングのセット」をもらってきたのですが、それが北米の商品でクッキーがでかいのなんのって!北米人は、我々関西人がお好み焼きを食うようにクッキーを食らうのですね。
  • URL
  • 2014/12/23 10:04

loutra

お好み焼きなら食事になるし、キャベツとかふんだんに入れれば栄養的にも結構バランスがいいと思いますが、クッキーはねえ。砂糖と油脂の塊りだからねえ。
そして仰天の大きさにも拘らず、雪だるまは夕食後のデザートに4、5枚、ぺろりとたいらげました。ああ…
  • URL
  • 2014/12/24 23:26

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター