ブラウニー

  • 2014/12/28 22:24
  • Category: 動物
12月なのに、雪ではなく雨が降っている。
氷雨に近い、冷たい雨だが、それでも雨は雨。
驚くばかり。

実はイブの日も雪ではなく雨が降るなど、
クリスマス前から異常に暖かい日が続いていて
おかげでそれまで積もっていた雪が融け始めた。

今では物置の屋根の雪は、ほんの小さな塊を残す程度
(去年は雪が積もり過ぎ、重みで屋根を支える梁が一本、曲がってしまったくらいだったのに)
デッキからは完全に雪が消え、庭は一部芝生すら見え始めた。
この時期に庭の芝生が見えるなんて、ほんと通常では考えられない。

そんな暖かさにつられたわけでもないだろうが
このところずっと、茶リスがデッキに現れている。
10日ほど前だろうか、最初にデッキに姿を見せた時に
可愛がってピーナツをあげたら、その後毎日来るようになった。
朝、日が昇ると、するするっとどこかからかやって来る。
黒リスに比べ身体は小さいが、目が大きくて実に可愛らしい。

IMG_0013-2.jpg

かりかりとピーナツを齧っているところ



IMG_0005.jpg

後姿。


ただしこの茶リス君、可愛らしい顔立ちには似ず、性格はかなり攻撃的。
彼がデッキにいる時に、黒リスでも現れようものなら
自分より1.5倍くらいは大きいと思われる黒リスに猛然と向かっていき
出ていけとばかりに庭中を追い回す。
ウィキか何かを読んだ雪だるまによれば、茶リスは縄張り意識が非常に強く
他者が自分の縄張りに入って来ることを許さないのだそうである。

おかげで黒リスは彼と鉢合わせするたびに、庭のメープルの木や
裏の林に逃げ込んでいる。身体は大きいのに、哀れである。

ついでに、昨日気づいたのだが、茶リス君はどうやら2匹いるらしい。
よく見ると、尻尾の長さが微妙に違うのである。
上の2枚の写真も、実は撮影日が違っていて、だから違う個体かもしれない。
そう思ってみると、上の写真の子の方が尻尾が長いような気がするのだが、どうだろうか。
ちなみにこの茶リス君、私たちは“ブラウニー”と呼んでいる。
黒リスが“ブラッキー”だから、茶リスは“ブラウニー”。
安直な名づけなり。





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1642-75b31986

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター