歩く練習

  • 2015/01/03 06:09
  • Category: 雑記
謹賀新年
不定期雑文ブログではありますが
本年もなにとぞよろしくお付き合いの程、お願い申し上げます。

とは言うものの一応喪中なので、晴れがましいご挨拶の言葉は
これでおしまい。
何年か前、母が亡くなった翌年も、そうしたことを忘れた私は
元旦に父に電話して「明けましておめでとう!」と言ってしまい、
父に「母さんが亡くなったから、おめでたくなんかない」と叱られてしまった。
家族がなくなった→喪中である、という図式が一向に頭に登らない私である。

それはともかく、今月末の香港旅行に備えて、雪だるまと二人、歩く練習を始めた。
なに、私一人ならジムでも買い物でもしょっちゅう歩いているので、歩く練習なんか
いらないのだが、机仕事の雪だるまは日常ほとんど歩かない。
ジムでも筋力トレーニングばかりしていて、歩くとか走るとか自転車をこぐとかの
有酸素系の運動はまずしない。
もともと腰があまりじょうぶでなく、股関節の具合も悪くて
数年前、右も左も人工股関節にしたくらいなので、長時間歩くのは苦手なのである。

しかし香港では移動は地下鉄かバス。
タクシーという手もなくはないが、時間帯と場所によっては
歩く以上に時間がかかったりする。
大荷物でもあるならともかく、単なる移動手段としてはあまり実際的でない。
いきおい地下鉄とかバスとかを多用することになるのだが
この地下鉄とかバスとかは、まさか door to door ではないから
駅/バス停から目的地まで、多少にせよ歩かなくてはならない。
ついでに地下鉄の場合は近年とみに路線が増えて、あちこちで従来の路線と
接続したりしているので、東京ほどではないが駅構内が広がっていて
列車を降りてから目的の出口に出るまで、階段/エスカレータを登ったり下りたり、
あっちに曲がり、こっちに曲がり、延々歩いたりする。
田舎暮らしで移動は常に車で door to door 、なんていう暮らしをしていると
都会でのこの“自らの脚が頼り”の移動方式は、けっこうきつい。
だから練習。

まずボクシングデイの26日、気温が0℃前後と暖かかったので、ウチの周りを30分ほど散歩。
私は快調であと1時間くらいは歩きたい気分だったのだが、
15分以上歩くのは一年ぶりの雪だるまが「腰が痛い」と言い出して、この日はこれでおしまい。

ついで一昨日、12月31日はお買い物と称して、街中のドラッグストアまでお出かけ。
昼過ぎだったので、気温はマイナス10度。風も強くなく、条件としてはまあまあ。
ウチからドラッグストアまでは約3km。その前、暖かい日が続いて道路の雪が少なくなっていたので
けっこう歩きやすく、約40分で着いた。私がドラッグストアでお買い物している間、
雪だるまは店内のベンチで休憩。
帰りは途中のコミュニティポストの所で、雪だるまが少し腰を休めてから帰宅。

そして今日は、普段は車で行っているジムに歩いて行った。
ウチからジムまでは1kmちょっと。雪道でも20分ほどの距離である。
今日も気温はマイナス10度前後。風はやや強いがきれいに晴れて、白く光る雪が目に眩しい。
前回、ドラッグストアまで行った時、マフラーの巻きが足りなくて顔の下半分が寒かったので
今回は長い方のマフラーを顔にかかるように巻き、ついでにフードの紐もきっちり締めて
防風に努める。おかげでぬくぬく。寒さを感じることなく、快適歩行。
ただしスノーブーツは重いので、長時間歩くと腿の筋肉が痛くなる。
まあ、香港ではスノーブーツで歩く必要はないので
重いブーツで鍛えておけば、あとあと楽かも。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1644-cee43fea

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター