Magasin d’occasion

  • 2015/01/07 01:19
  • Category: 雑記
明け方、やけに肩先が冷えると思ったら、今朝の気温はマイナス28.5℃。寒いはずだ。サーモスタット付きの自動暖房なので室温はほぼ一定なのだが、外気温の影響を受けやすい場所はそれなりに上下する。窓近くに寝ている私など、窓側の肩が寒くなるのは当たり前。ただしそれを見越して、枕元にはふわふわした大判ショールを用意しているので、寒くて目が覚めたらこれを肩先に滑り込ませればOK。肩と掛布団との隙間を埋めてくれるショールはぬくぬくと暖かく、朝までぐっすりである。

ところで、ぬくぬくで思い出したが、今季はコートを新調した。“歩く練習”のところで着ていたコートがそれである。膝丈、フードつきだが薄手で軽い。ダウンではないので、零下30度近いなか長時間歩くといった緊急事態には向かないだろうが、普段の生活にはこのくらいで十分。色は明るいアイボリー。白い雪の中ではあんまり目立たないが、街中で遭難することもないだろうし、それに着て鏡を見たら顔色が明るく見えたので、なんだか気分がよくなってこれにしたのだ。他の、深緑色のやココア色のは着ると顔色がくすんで、“陰鬱なる冬”そのまんまの雰囲気になるので止めにした。中途半端な暗色は、年寄りには向かない。同じ年寄りでも、こちらによくいるやたら派手な顔立ちの人や、髪色の明るい人はそれなりにイケるのだろうが、当方いたって平板な顔立ち、髪は黒。コートの暗色に勝てる見込みはゼロである。

さて、買ってから気が付いたのだが、このコート、なかなかよくできていた。まず袖が長めになっていて、普段は袖口を折り返して着るが、特に寒い時は折り返しを戻すと手がすっぽりと覆われ、防寒、防風になる。ポケットに手を突っ込んで歩くにしても、袖が長めの方が隙間風を防げてよい。また袖口の内側にはもちろん軽くゴムが入っていて、袖口から風が入らないようになっている。
衿はぷっくりと厚く、これも隙間風を防ぐ構造。前開きはファスナーの上を前立てで覆いスナップで留める二重式。どのくらい効果があるのかはわからんが、これも隙間風予防と思われる。
そして何より「へえ」と驚いたのがフードの効果。暖地育ちなもので知らなかったのだが、フードというのはあれは飾りではなく実用なんですな。もちろんただ被っているだけでは大した効果はないし、風でも吹けば脱げてしまうが、ちゃんと被って紐を絞ると、フードは後ろ首から頭全体、額やのど元まで覆ってくれる。そうすると身体の熱が逃げにくくなるのか、あるいは身体の熱が頭の方にまで伝わるのか、ぬくぬくと身体全体が暖かくなるのだ。この場合、中にはもちろん毛糸の帽子をかぶる。この間この格好で歩いた時は、零下10度でも全然寒さを感じなかった。フードの周りに狐の毛皮がついているのも、狐君には悪いが、ふわふわと肌触り優しく、暖かく、気分がよい。

というように、なかなか結構な品なのだが、それでいてこのコート、お値段は10ドルなのである。邦貨1000円。なぜかというと、Magasin d’occasion 、救世軍の中古品店で買ったから。ダウンタウンの教会の隣にけっこう大きな店があり、そこでは家具から食器、本、衣類、雑貨まで、幅広く扱っているのである。なかでも衣類は特に充実していて、子ども、婦人、紳士物別に下着やTシャツ、スカート、パンツ、ジャケット、コート、寝間着まで、所狭しと並んでいる。売っている品はすべて人々が寄付した不用品なので、Tシャツなどではくたびれが目立つが、コート類は掘り出し物の宝庫。私は先シーズンから、「次にコートを買うならここ!」と決めていたのである。そして本格的な冬になる前の11月のある日出かけ、運よく好みの色、デザインでサイズが合うものを見つけたという次第。ケベックには小柄な人が多いから、身長155cmの私でも着られるサイズの物がけっこうあるのである。

ガラクタ好きの私はこの中古品店が好きで、年に何回か、暇を見て出かけていく。去年だったかは、ここできれいな赤いマフラー(1ドル)を買い、先日はキラキラした銀色のガラス皿(75セント)や小さい木のボウル(50セント)を買った。書類を綴じる3穴ファイル(75セント)を買ったこともある。あれこれ見ながら店内を回っていると、1時間くらいはすぐ過ぎる。平日は学校とジムがあるし、日曜は休みなので、行くとしたら土曜日。楽しい土曜のガラクタ漁りである。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1646-8e1bc726

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター