ああ、びっくり 1

引き続き丑三つ時にぱちりと目覚める時差呆け生活を送っている。
今、午後2時。眠い。
香港とカナダ東部の時差は13時間。
完全なる昼夜逆転を元に戻すのは大変なのだ。

それはともかく、今回2年半ぶりに香港に行って、そのあまりの変貌ぶりにほとんど言葉を失った。変化の速さ、変わり身の早さが売り物の香港とはいえ、この2年間の変化は、かつて住んだ16年のうちのどの2年間よりも大きいという気がした。

まず驚いたのが物価の上昇ぶりだ。元の住まいの近くにホテルを取ったので、チェックインを済ませるとさっそく洗濯(磅洗)と買い物に出かけたのだが、10年以上通った馴染みのスーパーは場所と作りだけは元のままだったものの、売られている食品が、牛乳もジュースもカップ麺の類いも、思わず「え?」と我が目を疑いたくなるような値段で、雪だるまと二人、棚の前で出しかけた手を引っ込めて、まじまじ値札を見つめてしまった。

その後行った街市も同様。かつては10元で4~5個は買えたりんごが、今は10元で3個。同じく盛りで売られている梨や火龍果(ドラゴンフルーツ)も、値段が同じなら数が少なく、数が同じなら値段が上がっている。雪だるまが好きで、香港に行ったら食べようかと言っていた柚子(ポメロー)も1個22元では、かつてその半値程度で買っていたことを覚えているだけに、手が出ず仕舞い。

香港政府の統計では、この3年間の物価上昇率は累計で20%弱のようだが、香港在住の友人や元同僚などに聞くと、実感としての物価上昇率は30%超のようで、「以前は20元台だったマックのセットが、今は30元台」「茶餐店の定食も40元以上が普通」と、このところの物価の上がり具合を、あれこれと例を挙げて説明してくれた。

しかも物価は上昇しても、給料はそれに見合って上昇してはいないそうで、実際、香港統計局の数字では全業種における給与の中央値は2013年(2014年はまだ出ていない)で14,000元程度。今は円安だから換算すると約22万円になるが、ボーナスはほとんど期待できず、あっても1か月分程度の香港であってみれば、月収22万円の場合、年収は約286万円。300万円を切るのである。別に多くない。

それでいて家賃は相変わらず目を剥くほど高い。買い物ついでに近所の不動産屋も覗いてみたが、かつて私たちが住んでいたマンションの、同面積のフラット(3LDK)など、700万元台(1億円超)の値段が付いていて、それこそ仰天した。このマンション、私たちが出た2011年当時は400万元台だったのである。しかも3LDKとはいっても、実質面積は70平米程度。築25年の中古で、内装に凝っているわけでもなく、全く普通の中間所得者向けとしか言いようのないアパートなのだ。それがこの値段では、もう庶民には全く手が出ない。

買うのは諦め借りるにしても、3LDKで家賃月額22~25000元(33~38万円)では、夫婦二人で働いても給料ほとんど丸々家賃で消える計算である。払えるわけがない。もちろん香港の場合、夫婦に子供2人程度なら3LDKなどには住まず、よくて2DK、下手をすると1DKのフラットでも普通だが、それにしたところで家賃が13000元~では生活はかつかつ。家賃を払うために働いているようなものである。不動産価格が上がって喜ぶのは、自分の住まいのほかに賃貸用の物件を持っている人か、仲介業者、開発業者くらいのもの。無産の庶民の不満が爆発するのは当然だ。

しかしまあ、物価の上昇だけなら、世界中どこにでもある話。もっとインフレの激しい国・地域だってあるのだから、私も驚きはしても「私が知っていた香港はもうない…」などと、深い嘆め息をついたりはしない。今回、私がしみじみ遠い目になったのは、別のことが要因だ。しかしそれについては、また次回。なにしろここまで書くのに、2日かかっている。時差呆けの頭は、実に動きがのろく、お話にならない。帰ってきて今日で4日。いったい、いつになったら正常に戻るのか…
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1653-907caec2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター