バッテリ臨終

  • 2015/02/27 12:03
  • Category: 雑記
最近、たまに電源に接続せずにこのPCを使っていると、何分もしないうちに突然、プツンとシャットダウンしてしまうことが続いた。「あれ、充電は十分なはずなのに、おかしいな」と思いつつも、特に深く考えず、電源に接続し直してそのまま使い続けていたのだが、一昨日とうとう「バッテリを交換してください」というメッセージが出てしまった。どうやらバッテリの寿命が尽きてしまったらしい。このPCを買ったのは2011年の夏だから、たった3年半でバッテリが使い物にならなくなったわけで、何とも早いご臨終だったと言えるが、そうなったのは別に添付されていたバッテリが不良品だったとかではなくて、ひとえに私の使い方が悪かったせいである。

何しろ私、ノートブック型を買っておきながら、ほとんど外に持ち出すことなく、家の中で常に電源に接続して使い続けていたのだ。充電が十分でない時はもちろん、「100%充電されました」と表示が出た後も電源への接続を切ることなく作業を続けたし、作業が終わり蓋を閉めてスリープモードにした後ですら、電源に接続したままにした。つまり、常時バッテリを過充電状態にしておいたわけで、3年半でご臨終となるのは当たり前、むしろよく持った方と言えるのかもしれない。

PCのバッテリが死んだと言ったら、雪だるまは「ジミーのところに持って行って、バッテリ交換してもらったら?」と言ったが、私はその気なし。どうせ外には持ち出さないPCである。常に電源のある家の中で使うだけなら、バッテリが死んでいても何ら不都合はないのだ。不都合がないことに100ドルも200ドルも出してバッテリ交換し、出費を増やす必要はない、という考えである。それに後2、3年も経てば、PCそのものも寿命になるだろう。バッテリと違い、PCはなくてもOK、とはならないので、たとえ100ドルでも200ドルでも資金はその時のために取っておいた方がよい。以前に比べれば、PCの価格は下がってきているけれど(20年前、私が最初に買ったノートブックは、20万円以上した)、それでも安い買い物ではないのだから。

そして、この次PCを買ったら、その時は過充電に気をつけて、なるべくバッテリを長持ちさせようとは思うけれど、のど元過ぎれば熱さを忘れる私なので、ほんとのところどうなるかはわからない。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1659-448a8e1e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター