断片

  • 2015/04/08 22:00
  • Category: 言葉
他クラスの生徒さん(ケベッコワ)との会話練習から

1. アメリという19歳の子
「ううん、本を読むのはあんまり好きじゃない」
「じゃあ、何が好きですか」
「(目を輝かせて)音楽!」
「どんな音楽?」
「全部!」
「全部? 全部好きなの?」
「そう! メタル、イップオップ、クラブ、テクノ、ラップ・・・」
「・・・」

お嬢さん、それは音楽の中のごくごくせまーい一部の領域であるような気がいたしますが・・・。あなたの「音楽」という概念の中には、ジャズとかR&Bとかポップスとか古典とか民族音楽とかは入っていないのでありましょうか? 上記の分野だけで「音楽は全部好き!」とおっしゃるのは、なかなかに誤解を招くと思います。

2. アレックスという20代の男の子
家族構成の話の後で
「家に動物はいますか」
「犬が2匹と猫が1匹います」
「いいですね! 私も犬や猫は好きです」
「他に羊や馬もいます」
「へえ」
「山羊と豚もいます」
「(なんだか動物の呼称の総復習をしてるみたいだな)
豚ですか。豚はかわいいですよね」
「はい、とてもかわいいです。僕の豚は黒いミニ豚で、大きさはこのくらい
(と両手で大きさを示す)です」
ここで“かごしま黒豚”の美味なることを思い出してしまった私、
つい「大きくなったら、彼を食べますか?」
アレックス君、憤然と「いいえ、彼は食べません!」

ごめん・・・

3. エミール、同じく20代
中国では新年や清明、端午など折々の節日には今でも旧暦を使っているという話から、では日本はどうだと聞かれ、日本ではそうした節句もすべて新暦で祝っていると簡単に言いたかったのだが、ここで旧暦(=陰暦 calendrier lunaire)という単語は知っていても、新暦(太陽暦)という単語は知らないことに気付く。でつい、西洋の暦(calendrier occidental)と言ってしまう。エミール君、俄然面白そうな顔つきになり
「そうですね。今私たちが使っている暦は、シーザーが定めた暦が元です」
「古代ローマ時代ですね」
「そうです。ユリウス暦は今のグレゴリオ暦とは少し違うのですが・・・」
と、ここからローマ暦とユリウス暦、グレゴリオ暦の違いについての説明に入った様子だったが、私は知らない単語が多すぎ、かつまた余りによどみなく流れる説明に頭の方が付いていけなくなって、目をぱちくりさせながらエミール君の顔を見つめるばかり。エミール君が古代ローマなどの歴史に興味を抱く青年であることはわかったが、説明の内容そのものはほとんどわからなかった。
自分が興味のある分野について、いかにも楽しそうに話す青年を見るのはよいものだが、仏語理解力が大幅に欠ける当方では、まともな相づちすら打てず。話し甲斐のない相手で済まなかった、エミール君。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1673-ccc1b0ab

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター