Boggle

  • 2015/04/22 20:50
  • Category: 言葉
昨日、授業時間の終わりに「Boggle」というゲームをした。
これはスクラブルと同じようなワードゲームで
数字の代わりにアルファベットが書かれた16この文字サイコロを
専用容器の中でカシャカシャと振る。(=カードを切るようにサイコロを切るわけ)
出た面をいじらずに、容器下面のトレイ(4×4で16マス)に並べる。
その見えている16個の文字を使ってできる言葉を探す。
制限時間は3分、というものである。


こんな感じですね

Boggle.jpg


本来は隣り合った文字同士でつなげていかなくてはならないらしいが
初級もいいところで、たかが知れた語彙数しか持っていない私たちは
「隣り合った文字同士でなくてもいい。同じ文字を2回使ってもいい」と
ルールを簡単にした上、制限時間を倍の6分にして遊んだ。

アルファベットは26文字だが、サイコロ16個の面の数は96。
当然、重複して出てくる文字も多くあり、逆に欲しいのに出て来ない文字もあり
出ている16個の文字をじいっと睨んで、単語を探すには
相応の語彙数と、その語を正しく綴れることが必要。
ついでに3文字の単語は1点、4文字なら2点という風に
長い単語になればなるほど点数が高くなるルールなので
どうせなら長い単語の方が有利なのだが
同時に長い単語はスペリングがアヤシクなる。
間違った綴りでは得点にならないので、
いうなればハイリスク、ハイリターン。
「この綴り、これだっけ?」と、チーム内でわあわあ確認し合い
みんなかなり熱くなって、最後はかなり賑やかだった。

私自身、このゲームは結構面白くて
一人遊びもできそうだし、「これ欲しいなあ」と
Eベイとかア○ゾンとかトイ○らスとかのサイトを覗いてみたのだが
こんなプラスチックのサイコロ16個と容器、砂時計という単純極まりないオモチャでも
最低10ドル以上、モノによっては30ドル近くしていて、けっこう驚いた。

でも欲しいなあ、何かと抱き合わせにして合計25ドル以上にすれば
ア○ゾンの送料はタダになるが、さて何か欲しいもの、あったっけ?
欲しかった本はこの間買ってしまったしなあ、何かあるかなあ。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1678-b80a1fce

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター