無事終了&庭仕事

病院での通訳は、特に何事もなく無事済んだ。
雪だるま、厚さが5cm以上もある紙の「漢英医学事典」を持ち込んでいたけど
もちろんそんなものを「えーっと、えーっと」と引いている暇はなく
ただ膝の上に置いたまま。
それでも結構まともに中国語が出て来ていた。
ほっとして、ついでに「心配して損した」と思った。

もっとも担当医の説明の方も、比較的わかりやすい、
噛み砕いた内容で、小難しい医学用語など出て来なかったことも事実。
まだ若い女医さんだったけど、ふつーの患者に説明することに
慣れているのかもしれない。
ついでに雪だるまによると、アクセントから見て(というか聞いて)
彼女はフランスから来た人だろうとのこと。
地元ケベックのなまりではなかったそうである。
私自身は、割とわかりやすいフランス語だなあと思っていただけで
フレンチ・フレンチとは気が付かなかった。
道理で聞き取りやすいはずである。
普段聞いている学習用CDと同じ発音なのだから。

というわけで火曜の通訳は無事終わり
翌々日の木曜には車のタイヤを夏用に替え
(そう、今頃夏用に替えるのである。だって4月はまだ雪が降るのだ!)
合間、合間に山のような庭仕事に励んでいる。
昨日、金曜もジムをさぼって1日庭仕事に明け暮れた。

この冬は寒さがことのほか厳しかったので
庭石の上の白の芝桜や、去年植えたイブニング・プリムローズは
越冬できなかったようす。
黄色く立ち枯れて、新芽が出てくる様子がない。
芝桜などゾーン3でも越冬できるはずで(当地はゾーン4)
事実、普通に地面に植えてある方はちゃんと緑の新芽が出てきているのだが
庭石の上に植えてある方は、土がわずかしかないので、
根が凍ってしまったのかもしれない。
一応「もしかしたら」と思って、コンポストを混ぜた土を足しておいたが
この芝桜はもうだめかも。

そのほか、こちらは元気に葉っぱが出てきているクレマチスの根元に
土と肥料を足したり、新しい支柱を組んだり
庭石の陰に隠れているヒューケラを、日陰だが見えるところに移したり
芽が出てきた鈴蘭を踏みつぶさないよう、小石で周りを囲ったり
丈高く伸びてきたマリゴールド、アスター、パンジー、ほうずきをポットに移したり等々
5月は本当に庭仕事の繁忙期である。

去年蒔いて美味しかった黒龍江豆、今年も蒔いたのだが
何しろ成長が早くて、すでに身の丈1m以上。
いいかげん畑に植え替えたいのだが、天気予報によると来週の水、木あたり
また気温が3度近くまで下がるのだそうで、
これでは外に出すわけにはいかない。
植え替えはそれが過ぎた来週末まで、じいっと我慢である。

チューリップや水仙はすでに咲き始めているのだが
まだまだ油断はできないケベックの5月なのである。


ダリアの芽が出てきた
もちろん、まだ室内。鉢の中である


IMG_0148.jpg


先週、もの凄い強風が吹いた時、根元から折れてしまったチューリップ
もったいないので中に持ってきて、花瓶に挿した。
それにしてもこのチューリップ、多年生のはずなのだが、
去年よりだいぶ色があせている感じ。
やっぱりチューリップは一年草だと考えた方がいいのだろうか


IMG_0147.jpg



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1683-71d90c8b

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター