いろいろ咲いた

例の中国人クラスメートが、来週か再来週には中国に帰るというので、昨日は授業の後、近くのカフェに移動してみなでしばらくお喋りをした。体調が悪くなって以来、学校には来ていなかった彼女も、昨日は息子が家に迎えに行って連れて来て、久しぶりに顔を合わせた。

息子の話によると、一昨日には医師ともう一人アドバイザーのような人が家を訪れ、本当に化学療法を受ける気持ちがないのか、彼女の真意を確認し、その上でさまざまなアドバイスをし、また彼女と息子の質問に答え、帰って行ったそうである。なるほど、ここにはそういうサービスもあるのかと感心した。そして、そうして話をして気持ちがさっぱりしたのか、それまでは「疲れるし、カフェには行きたくない」と言っていた彼女も、しばらくぶりに病院以外への外出をする気になって、夕方授業が終わった後で、ダウンタウンまで出て来た。

最近、学校帰りに彼女の家を訪ねたファラを除いて、他の人たちは昨年11月に彼女が中国に一時帰国して以来数か月ぶりだったので、もともと細かった彼女が、また一段と痩せた様子にちょっと驚いたようだったが、それでもあれこれいろいろとお喋りをして、帰国したら漢方薬も試してみるという彼女の言葉に成功を祈って、1時間ほどで別れた。彼女の故郷は中国でも南の方で、乗り継ぎ、乗り継ぎでかなり時間がかかるので、体調の悪い彼女にはしんどいだろうが、飛行機以外の手段はもっと非現実的なのだから仕方がない。それでも一人で帰るわけではなく、息子が一緒に付いていくし、向こうでも息子がずっと面倒を見るというので、少しは安心だが。中国でも病人の看護は周囲の負担が大きいので、嫌われるのだそうである。付き添い不要、24時間体制で完全に面倒を見てくれる施設にいる場合を除いて、こればかりはどこでも同じかと思う。まして中国の病院は要付き添い、食事を用意するのも病院ではなく家族なのだそうで、その負担は並大抵ではない。この点、カナダの病院は少しはましかと思うが、さて。


そういう人間側の事情は別に、庭では春~初夏が進行中。
いろいろな花が咲き始めて、庭に出るのが楽しみだ。


クレマチス。 4種あるうち、一番最初に咲くのはいつもこの大輪系の白。

IMG_0206.jpg


オリエンタル・ポピー。一つの株からどうしてサーモンピンクとオレンジ系の赤と
2種類出て来るのか、不思議。



IMG_0218.jpg

IMG_0219.jpg


ルビナスも元気に咲いた。この花は花穂が伸びきらない、咲き始めが一番きれいかな、と思う。
なんてことを言うと、「大きなお世話!」とルピナスに怒られるかもしれないが。


IMG_0221.jpg


コロンバイン(おだまき)。ノラ・バーロウという種類。
ノラ・バーロウというのはダーウィンの孫娘の名前だそうである。


IMG_0231.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1694-c887497c

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター