『マッドマックス4』

  • 2015/09/26 03:17
  • Category: 映画
『マッドマックス4』を見た。

ジェリーの感想: 「風呂にも入らないで何日も砂漠をうろついていた奴ら(注:マックス、フュリオサ一行のことを指している)が、あんなにきれい(clean)なわけはない!」

私の感想: 「このコミュニティに未来はないな」

雪だるまの感想:「ふーん・・・」

ポスト・アポカリプスの世界なんだから仕方がないとはいえ、私には登場人物たちのプリミティブさがやりきれなかった。フュリオサたち、独裁者イモータン・ジョーを倒してシタデールに帰ったけど、彼らを歓呼の声で迎えた一般民衆はその態度、行動から見て民主制が成り立つレベルにはなく、とすれば誰かが指導者となって今後、水の分配や食料の生産を管理していかなければならないが、クーデターを実行したフュリオサ一行の中にすら指導者となれそうな器はほとんど見当たらず、ましてイモータン・ジョーの元部下たちの中には暴力担当はいても、真っ当な頭脳で管理に当たれそうな者は皆無。次期指導者は育っていないのだ。となると残された道はイモータル・ジョー時代同様の独裁制。たとえば成り行き上フュリオサが指導者になったとして、武器を持つ戦闘集団ウォーボーイズや、本能だけで動いているような無知蒙昧な民衆を抑えきれるか、私には疑問だ。

ワイブスたちにしたところで、一時は「私たちはモノじゃない!」と叫んでフュリオサと行動を共にしたが、イモータル・ジョーがいなくなったことにより、“独裁者の妻”という特権的立場は失われた。ジョーの所有物、子どもを産むための出産母体としてのみ扱われることは嫌っていたとしても、シタデールの住人たちの中では例外的に衣食に不自由せず、労働もしていなかった優雅な女たちだ。今後、新しい独裁者の下でそうした特権がなくなり、一般民衆と同じ扱いを受けるようになれば、たとえ頭ではそれが正しいとわかっていたとしても、心のどこかで不満に思い始めることは確実。その不満が積もり積もれば、ある日、戦闘集団の中の誰かを抱き込んで、新たなクーデターを画策しないとも限らない。(いつの世でも、どこの世界でも、色と欲に引っかかる男には事欠かないし) いずれにせよ、このシタデールというコミュニティの未来は、ばら色 とは言い難い。

とまあ、ソファに寝転がって2時間、ペシミストの私は上記のようなことをぐたぐだと考えていたわけだ。『マッドマックス』はそういうことを考えるための映画ではなくて、ウォー・リグ、ギガホースなどそこに登場するケンランゴーカな乗り物とか、軍用トラック?の上で火炎放射器付きエレキギターを掻き鳴らす、ぶっちぎりサイケなお哥さんとか、ながーい棒の先っぽに取り付いて、びよーん、びよーんと相手を攻撃するボーイズとか(どうでもいいけど、あの棒、もし人間が支えているのだとすると、すごい力だと思う)といった豪壮華麗なヴィジュアルと、埃まみれではあるが勇猛果敢に華々しいアクションの数々を楽しむための映画であるとは思うのだけど。
その前に古い政治映画、Costa Gavrasの70年代の作品を見たのがいけなかったのかもしれないな。しかしまあ、その話はまた次回。


ギターおにいさん

madmax.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1723-2b444d32

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター