夏が終わり、秋が始まる

  • 2015/10/02 03:20
  • Category: 雑記
1週間前から続いていた頭痛がやっと少しましになってきたので、
しぶる頭をだまし、だまし、久しぶりにブログを更新。

月曜
裏の林からまたチェーンソーの音が聞こえ始めたので見に行ったら、ちょうど隣地の所有者氏が来て、これ幸いと境界確認。朝、ウチを訪ねたのだけれど留守だったのだそうだ。(確かに午前中は私たちはジムに行っていた)
お隣さんが雑木林を切り開いてアパートを建てるのは、これで8軒目か。広いガレージ付の2階建て、下に2世帯、上に2世帯の計4世帯×8棟。ウチからちょっと北に入ったあたりにも、たくさんの新築アパートが建てられているし、人口減少傾向にあるこの町で、そんなにアパート造って需要があるのかと思うが、お隣さんによれば彼のアパートは、生活に比較的余裕のある退職者および半退職者向けの、やや贅沢な造りのアパートなので需要は十分にあり、事実、これから建てる予定の物件もすでに2戸、賃貸予約が入っているそうである。
できれば林は林のまま残しておきたいウチとしては、一応「林を売る気はないか?」と聞いてみたが、土地だけで売ったのでは3、4万にしかならず、アパートを建てた場合と比較して50万ほど損になるのでだめだそうである。残念。

チェーンソーの音が響く中、林は2日ほどで裸にされ、うっそうと繁っていた雑木林はなくなった。残ったのはウチ所有の、幅9mの細長い部分のみ。シマリスや黒リス、チッキディーやナットハッチ、ウッドペッカーなど、いろいろな動物や鳥が棲み家にしていた広い雑木林だったのに、とうとうこんなになってしまった。こうしてソファに座って外を眺めると、すかすかの木々の隙間から向こう側のアパートが見え、なんだか街中に住んでいるみたい。
どこか人っ子一人いない林の奥に引っ越したくなってきた。

火曜
種苗屋から球根が届いた。今年頼んだのはチューリップ3種、ボーダーリリー、丈の低い白いアリウム、そしてワイルドフラワーミックス。あまり日を置いてはまずいので、午後さっそく穴掘りにかかる。チューリップは、本当は青杉の周りに植えたかったのだが、今年は杉の根が張りすぎていてチューリップを植えられるほど深く掘ることができず、やむなく青杉の周りは浅植えでも大丈夫なワイルドフラワーに変更。チューリップは別な場所に植えた。ワイルドフラワーミックスは、水仙、ムスカリ、スキル、クロッカス、原種に近いチューリップなどのミックスで、春先に咲く。白や黄、青などいろいろな色が混じって咲いたらきれいだろうと思うが、さてうまく咲くかどうか。

これは種苗屋さんの写真。こんなにぎっしり植えたわけではないので、まさかこうは咲かない。

wildflowers.jpg


水曜
3月に従妹のソフィに切ってもらって以来放りっ放しだった髪がだいぶ伸びたが、美容院に行く気がせず、といってソフィに電話する気にもなれず、面倒くさくなって自分で切った。切り方は、髪を真ん中で2つに分け、切りたい位置のちょっと上あたりてゴムできっちり留めて、鋏でぶっつり。このやり方だと、当然耳の下あたりが一番短く、そこから前(または後ろ)に行くにしたがって長くなるが、だいたい私はくせっ毛だし、そのくせを矯正するためにカーラーを巻くので、長さが不ぞろいでも大勢に影響はない。
その後、人にも会ったが、何も言われなかった。うん、これで10ドル浮いた。毛糸が買える。
夜、だいぶ気温が下がってきたので、夏の間デッキに出していた鉢植えを室内に入れた。

金曜
朝一で病院。雪だるまともども、年に一度の血液検査&尿検査。8時前に病院に着くために、7時半過ぎに自転車で出かけたのだが、気温が10度なく、毛糸の帽子をかぶっていても耳がじんじんに冷たくなった。やはり気温が10度を切った中で自転車に乗るには、耳あてが必要か。どんな形のが一番温かそうか、ネットで研究。

月曜
ジェリーの誕生日。今までは直近の日曜にやっていたのだが、今年はジェリーが日曜仕事で、月曜が休みだというので、誕生日当日に食事会。出席者8人。ポーランド風ロールキャベツを作る。ひき肉のほかご飯が入り、トマト味で煮込むところがポーランド風ということらしい。レシピでは牛ひき肉だったが、私は自分の好みで合い挽き、玉ねぎの量を大幅に増やし、ご飯はもち米と紅米の混合といろいろ適当に変更。そして一昨年、お義父さんからクリスマスプレゼントにいただいたスロークッカーで8時間煮込んだのだが、その間中、家の中に煮キャベツにおいが漂って閉口した。欧米の小説では、煮キャベツのにおいといえば貧乏くささの象徴。実際、大量のキャベツが煮えるにおいというのは、あまりいいにおいではない。出来上がりに不安を覚え、失敗した場合の予備の料理を考え始めた。
が、時間が経つにつれトマトと肉のにおいがキャベツに勝ち始め、やや“おいしそう”なにおいになってきて、ほっと一安心。味の方もまあまあだったようで、とりあえず皿によそった分はきれいになくなった。ただし私個人は、トマト味の強さにちょっと辟易。ロールキャベツはやはり日本の料理本によくあるように、コンソメ味で煮た方が肉とキャベツの滋味が引き立つように思うのだが、どうだろう? この次はトマトなしで作ってみるか。

水曜
夏の盛りはバードフィーダーから落ちるピーナツばかり拾い集めていてちっともデッキに来ず、私たちにさみしい思いをさせたチッピーたちだったが、夏が終わりかける頃から、またデッキに姿を現すようになった。来るのは尻尾の短いショーティと、細長ーい尻尾のロングテイルの2匹。ショーティは裏の林を棲家にしていたようなので、木が伐採されたことでどこかに移動してしまったのではないかと心配していたが、相変わらずこの辺りにいるようで、ちょっと安心。2匹とも冬篭りに備え、せっせ、せっせとピーナツを貰いにくる。


これはショーティ

IMG_0414.jpg


ご覧の通り、尻尾が短い

IMG_0415.jpg




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1724-f41b205f

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター