やっと読了

  • 2015/10/19 11:15
  • Category:
一昨日、やっと、やっと『Le Tour du monde en 80 jours』を読み終えた。
6月2日から読み始めて、すでに4か月超。
最初は毎日読んでいたのだが、中盤からディクテと1日おきにしたため
余計時間がかかった。

「フランス語の音を口から出す」ということが目的だったので、
意味がよくわからないまま読んだところも多々あったし、
発音も、できない音は最後までできなかったし、
200ページも読んだ割には、覚えた単語はお話にならないほど少ないが
それでもまあとにかく読み終えた。

次は何を読もうか、いろいろ迷ったのだが
結局手持ちの中から『Monsieur Ibrahim et les fleurs du Coran』にした。
雪だるまに見せたら、「これの映画はウチにある」というので
さっき、夕ご飯を食べながら見た。
50年代頃のパリのユダヤ人街で小さな食料品店を営むイブラヒムおじさんと
そのそばに住む男の子モモの物語。
映画では、後半に出て来るカッパドキアあたりと思われる風景が非常に印象的だったが
本の方にも、あの辺りが出て来るのだろうか?
原作と映画とでは話がまるで変ってしまうことも多いので
こればかりは読んでみないとわからない。

中高生くらいが対象と思われるたった70ページほどの本だし、活字も大きいので、
1日おきに読んだとしても1か月くらいで読み終えられるかなと思うが、どうだろう。
今日は5ページ読んだ。モモがブタの貯金箱を壊して、200フランを懐に
リュ・ド・パラディに娼婦(立ちんぼ)を買いに行く冒頭部分。
お父さんと2人暮らしのモモ君、いろいろと鬱屈するものがあるのである。

しかし考えてみると、中高生対象でのっけから娼婦買いの話ってのもなんだな。
相手をしてくれたおねえさんに、“ちょっとしたプレゼント”を持ってくるのを忘れて
急いで家に取って返し、自分の“くまのぬいぐるみ”をあげるあたりは
やたら可愛かったりするが・・・(映画では、ぬいぐるみを貰ったおねえさんは、
あらまあという顔をした後、クスッと微笑うのだ)

さて、次回はどんな展開になりますか・・・




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1732-51a284f1

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター