L君

  • 2015/10/22 09:46
  • Category: 中国
2、3日前、7月に亡くなった元クラスメートの息子L君からメールが来た。L君もお母さんと一緒に仏語教室に来ていたし、雪だるまが通訳として病院に行く時には、いつもお母さんに付き添って一緒に行っていたので、クラスメートの中では割と付き合いのあった方だったろう。一度だけだが犬の散歩の途中、ウチに寄ったこともあった。

母一人子一人だったので、お母さんが中国に戻りたいと行った時、L君はお母さんと一緒に中国へ帰り、つききりで看病して最期を看取った。

そして今、お母さんの遺産の相続手続きを進めているようなのだが、これがまたどこの国でも同じだが、用意しなければならない書類がいろいろあって、なかなか大変らしい。メールにはそのあたりのことが事細かに記され、ついてはお母さんの夫であるN氏(カナダ人)の署名も必要なのだが、N氏から来たメール(フランス語)の内容がよくわからない。××は△△という意味だろうか?と困った様子で書いてあった。

L君のメールにコピペされていたN氏からのメールを読むと、早めに連絡を取った方がよさそうな内容だったので、大意を中訳し「なるべく早く連絡した方がよい」と返信した。

そうしたらまた2、3日して、N氏が中国に来るにはビザが必要だが、そのビザを取るのに必要な邀请函(招聘状)の書き方がわからないというメールが来た。ネットで調べたのだが、わからなかったのだそうだ。へえ?と思って、試しに「訪問中国 邀请函 様本」のキーワードでググってみると、あっさりヒット。中国にはグーグルはないが、百度とか他の検索エンジンがあるはずで、L君、君は一体どんなキーワードで検索したのだ?とは思ったが、そんなことを言ってみても始まらないので、とりあえず使えそうな「中国签证申请服务中心」のアドレスと、見本の書式をコピペして送った。

すると今度は、その見本書式に準じて書かれた下書きが送られてきて、「これでだいじょうぶかな?」と聞いてきたので、「だいじょうぶだ」と返信し、そしたらまたまた折り返し「これって英語かフランス語で書くの?」と聞いてきたので、「いいえ、中国語です。N氏に中国ビザを発給するのは、中国政府であってカナダ政府ではありません。したがって英語またはフランス語で書く理由はありません」と返信した。中国人が中国大使館あてに出す書状を、なんでわざわざ外国語で書く必要がある? そんな面倒くさいこと、せんでもよろし、である。

L君、相続手続きが全部終わったら、またカナダに戻りたいと書いていたが、どこで暮らすつもりなのだろうか。N氏は亡くなったお母さんの夫ではあっても、L君の父(継父)であるという意識はほとんどなさそうに見える。短期ならともかく、N氏がL君を長期家に置くとも思えない。それにそもそもN氏は中国語を解さないから、L君のフランス語が格段に上達しない限り、意思の疎通すら難しい。L君のお母さんは亡くなる前、「お前程度のフランス語では、ここで働いていても将来性があるとは思えないから、中国へ戻った方がいい」と言っていたが、L君自身は別の考えのようだ。彼の望みどおり、うまくいくといいのだが。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1735-3e24ed87

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター