ハイテクトイレ

  • 2015/10/26 09:55
  • Category: 雑記
雪だるまはウチのトイレにハイテクトイレを導入したがっている。
人っ子一人いない林の奥の一軒家に引っ越したいと心ひそかに思っている私とは異なり
このお家大好きの雪だるまは、大好きなお家をもっと大好きにするべく
芝生を張り替えたり、デッキの一部に屋根を付けたり、エアコンを入れたりと
お家をよりよくすることに余念がない。
その雪だるまの最後の改善ターゲットがシャワー&トイレなのである。

もちろん今あるシャワーだってトイレだって、別に壊れているわけではなく
不具合があるわけでもなく、十分機能を果たしているのであるが
雪だるまとしては便座にヒーターがついていたり、ウォッシュレットが付いていたり
人が近付くと自動で蓋が開き、人が立ち上がると自動で水が流れて蓋が閉まったりする
あのハイテクトイレをウチにつけたくて仕方がなく、
折に触れて各社ウェブサイトをのぞいては、はあと♡目でページを眺めている。

そんな雪だるまが最近見つけたのが、Kohler社のハイテクトイレ“numi”
どんなハイテク具合かは、まずはビデオをご覧あれ






カクカクと四角っぽいデザインは、なんだか古代エジプトの玉座か

   (こんなのですね ↓)
egyptian.jpg


あるいはもっと近しいところで言えば、古代ローマのトイレのようで


romantoilet.jpg


大体において丸みをおびた形状の現代のトイレとはかなり趣を異にしているのだが
それより何より笑っちゃうのが、ビデオにおけるその設置場所である。
見せびらかしたいのはわかるが、それにしてもトイレをペントハウスのリビングとか
サロンとかに置いちゃうのか?
しかも透け透けガラスで囲まれたまん真ん中に?
ビデオにはエレガントな服装の男女が登場していたが
まさかグラスを片手に談笑している途中おもむろに、
「あ、ちょっと失礼」と言って、軽やかにこのトイレに近づき
人の気配を察して「さあ、どうぞ」とばかりに蓋を上げたトイレに
優雅極まりない動作で腰を下ろす、という場面を想定しているのだろうか?
全部自動だから、グラスを持ったままでOKとか?
しかもこのトイレ、足元には柔らかな温風が吹いて足を温め、
耳に心地よい音楽(音姫さまではない)も流れるのだ。
あまりに至れり尽くせり過ぎて、とても米国企業の製品とは思えない。
(Kohler社というのは、オーストリア移民の John Michael Kohler さんと
Charles Silberzahnさんが19世紀に設立した会社だそうだが)

ただし、いくらトイレでもここまでフルスペックだとお値段の方もそれなりで
USD6,650 とのこと。
さすがの雪だるまも値段を見て即、諦めていた。
それでもまだ顔の方は未練たっぷりに
「宝くじが当たったら買いたい!」とでも言いたげな表情ではあったが。

しかしもし万一宝くじが当たったとして、ウチの場合どこに設置するのだろう?
ウチにはペントハウスはないのだから、代わりに庭の真ん中?
庭の小鳥やチッピーを眺めつつ優雅に用を足すために
中から外は見えるが、外から中は見えないガラスで囲って?
まあそれもいいが、下水管の設置とか、面倒くさいよなあ・・・
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1739-0aa84df6

Comment

梨の木

ハイテクトイレ、わたしは否定派です。
フランスの原始的トイレ環境に慣れること10年、トイレの最も大事な機能は、無事排泄ができて、それを直ちに流せることに尽きるのではないかと思うようになりました。停電になったらどうするんだ?という心配もあります。

たまに日本に帰って暖かい便座に座ったりするとどうにも落ち着かないですし、座っただけで音楽がかかったり、腰を上げた瞬間に勝手に水が流れるのも「余計なお世話」と思ってしまいます。うちの子に至っては手も触れないうちに蓋が開くのを見て、あまりの驚きにちびりそうになったそうです(笑)

最近は便座が肌に触れた瞬間に感じる「ひやっ」がどんどん大きくなってきて、あぁ冬が近づいていると実感しています。原始的トイレは季節感つきですね。
  • URL
  • 2015/10/27 16:32

らうとら

梨の木さん、こんにちは
そう、私もね、ハイテクトイレなんて、どうでもいいんです。清潔で、ちゃんと水が流れて、詰まったりしなければ、それで十分。音楽なんかいらないし、蓋も開かなくていい。

ただ、ウォッシュレットだけは、あってもいいかな?と時々思います。私はまだ十分柔軟性がありますから問題ないんですけど(笑)、股関節と体幹の柔軟性に問題のある夫は、どうもお尻を拭くのが結構大変な様子で、あれはもしかすると後10年くらいすると、自力でお尻が拭けなくなるかもしれない!(笑)
マッサージ師をしている義弟が言っていましたが、太り過ぎのお客様の中には、ちゃんとお尻が拭けていないのか、とんでもない臭気の方が時々いらっしゃるそうです。私としては夫がそうなるのは何としても避けたい!ので、そうなるとウォッシュレットが有効かな、と。
いや尾籠な話題で失礼いたしました。
  • URL
  • 2015/10/28 09:35

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター