雪が降った

  • 2015/12/23 11:09
  • Category: 雑記
いつまでたっても雪が降らず芝生が見えたままなので、今年はグリーン・クリスマスかと思っていたら、昨日の夕方になって雪が降り始めた。そして夜間も降り続き、しっかり10センチほど積もって、あたりが雪景色になった。なんだかようやく“冬”になった感じである。

もっとも天気予報によると、明日あたりからまた気温が上がり始め、クリスマス・イブの木曜には最高気温12℃(!)になるそうなので、この雪景色もたぶん明日いっぱい。たかだか10センチの積雪では、12℃の気温に歯を食いしばって耐え、ホワイト・クリスマスを維持、というわけにはいくまい。

それでも今日は雪で自転車に乗れないので、歩いてジムに行った。うちからジムまでは、雪道歩行だと30分弱。ちょっとした運動である。スノーパンツはいて、長い方のコートを着て、マフラー巻いて帽子かぶって手袋もして、その上からスノーブーツはいて、出動。

たかだか10センチの雪だから別段歩きづらいことはあるまいと高をくくって歩き始めたのだが、これがなんと滑る、滑る。気温0℃前後という、雪が融けそうで融けなそうでという中途半端さが災いしたのか、そこここでふわりと積もった雪の下に氷の部分ができていて、足を乗せるとつるっと滑る。うちから1ブロック行かないうちに、4、5回も滑った。一度など滑った挙句にバランスを崩し、雪の上に斜めにすっ転がるというカナダ在住者にあるまじき失態を演じてしまい、大いに恥じ入った。後方にいた除雪車のおじさんは、私を見て笑い転げていたに違いない。(そう、たかだか10センチの積雪なのに、除雪車が出ていたのである。仕事始めがしたかったのかもしれない)

行きはそんなだったが、帰りはより気温が上がったせいか、人と車がたくさん通って雪がじゃりじゃりになっていたせいか、だいぶ歩きやすくなっていて助かった。それでもジムで1時間半運動した後で、また30分歩いて帰るのは結構疲れた。が、クリスマスまであと2日。うかうかしてはいられないので、帰り着いてすぐに昨夜から準備していたフルーツケーキを焼き、そのあとクッキーを焼いた。クッキーは日曜日にクリスマスの定番ジンジャーブレッドと、去年好評だったクランベリー入りのを準備したので、これで3つめ。あともう1種、チョコレート味か何かを焼けば、十分間に合うだろう。今年はお友達にあげる分がないので、焼く量もいつもより少なくて済むし。

実は去年、お散歩友達のマダムBのところにクッキーを持っていったら、「おいしいし、すごく嬉しいけど、来年はもう焼かないでね。ついつい食べ過ぎて、太って困るから」と言われたのだ。確かにマダムBは去年、ジムに来ていたにもかかわらず確実に体重を増し、1年の間に“やや過剰”から“かなり過剰”に移行しつつあったので、私も「わかった。もう焼かない」と約束して、事実今年は焼かなかった。そしてマダムBは今年の夏、食事制限と運動で8キロほど体重を減らし、かなりすっきりした姿になって、秋からは「Zumbaの方が面白いから」と言って、別のジムに移っていった。最近は会っていないが、Zumbaでよりいっそうすっきりさわやかになっているかもしれない。

いずれにしても、ひとからの贈り物でも、欲しくない時は欲しくないとはっきり言う態度は、大変好もしいと思う。そういうことは言ってくれなければわからないし、一方は迷惑とも知らずに贈り続け、一方は内心困惑しつつ受け取り続けるより、ずっといい。それでお友達関係が壊れるわけではないし。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1768-ef899d64

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター