24日、25日

  • 2015/12/27 11:36
  • Category: 雑記
24日から始まった頭痛と眼痛がいまだに遠雷のように響いているので少しだけ。

24日、réveillon
夜11時少し前、お義父さんたち到着。クリスマスがらみの映画『It’s a Wonderful Life』をBGM代わりに流しておこうとしたら、ジェリーが「勘弁してくれ」というので、アニメ『Asterix』に変更。まあ、古き良き時代の善意に溢れすぎたハリウッド映画など、ジェリーの好みでないことはわかりきっていたのだから、もうちょっと選択を考えるべきだった。シュリンプや生ハム、チーズなどつまみながら、12時になるのを待つ。今年は身内5人だけだし、みな年々齢を取って食が細くなって来ているので、ごく簡単なものしか用意しなかった。5人の平均年齢64歳では、夜の夜中にそんなに食べられるわけがない。食べ盛りの少年少女がうようよいる若い家族とは違うのだ。

それでもプレゼント交換は、賑々しくやる。時計が12時を打つのを待って“Joyeux Noël !”のあいさつを交わし、木の下(うちの場合はクリスマスツリーではなくて、鉢植えのユッカなんだが・・・)に置いたプレゼントを持ち寄って、いそいそと交換。そしてその場で開けて見せ合って、“Merci !”と言い合って、ひとしきり談笑してから食卓に着く。Réveillonの定番、tourtière(ミートパイ)を食べるのだ。でもこれも、その前におつまみを食べたりしているので、みんな1切れずつしか食べず、デザートのBûche de Noël(薪型ケーキ)に至っては、誰一人手を出さず。出したBûcheはそのまままた冷蔵庫に逆戻りした。

このBûche de Noël 、雪だるまが「クリスマスにこれがないと淋しい」というので、出来合いのケーキを買ったのだが、円形のケーキが薪型になるだけで値段が20%増しくらいになるのが腹立たしいところ。円形だろうが薪型だろうが、材料とデコレーションする手間はあまり変わらないし、こんなことなら来年は自分で焼いてみようかと、スーパーのパティスリーコーナーで一瞬考えたが、終わってみれば誰も食べなかったBûche、手間暇かけて作るほどのことはないか・・・

25日Noël
お義父さんちで夕食。ご馳走が並ぶクリスマスディナーではなく、ごく普通のメニュだったが、お義父さん自慢のドーナツ、ファッジブラウニー、各種クッキーにフルーツサラダとデザートが盛りだくさんで、ついつい食べ過ぎる。おまけに帰りには、これらデザートを詰め合わせたお土産まで貰ってきた。嬉しいのだが、同時に大変危険でもある。それでなくてもこの時期は会食続き。これを書いている今日26日は何もないが、明日27日は雪だるまの従弟の家で会食、中2日おいて30日は某さんの誕生会、1日おいて1月1日はまたお義父さんちで会食である。合間合間は野菜スープくらいにしておかないと、体重がえらいことになるし、第一胃がもたない。明日は出かける前に、大鍋いっぱいの野菜スープを作ろう。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1769-bfe2c92e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター