呼び鈴

  • 2016/02/03 11:14
  • Category: 雑記
この家の玄関には、もともと呼び鈴は付いていなかった。
が、ノッカーがついていたので、不意の訪問者や配達の人は
ノッカーをカンカンと叩いて知らせ、それで事足りていた。
家にいる時は、私たちはだいたい1階か地下にいるので
ノッカーの音で十分聞こえたのだ。

ところが先日、雪だるまが温度計のセンサーを玄関脇に取り付けてから
困ったことになった。
訪問者がそのセンサーを呼び鈴と間違え、押すのである。
しかしセンサーであるから、もちろん鳴らない。
そして誰も応答に出てこない。
で訪問者はセンサーを手にしたまま、どうしたものかとうろうろ迷う。
呼び鈴を鳴らすのが商売で、およそ当地で使われている呼び鈴の形状、
形態には精通しているはずのUPSの配達員でさえ、
先日、センサーを呼び鈴だと思ってソケットから外し、
「どこを押すのかな?」とばかりに、あれこれ矯めつ眇めつしていた。
この時は幸い私が焦げ茶色のUPSトラックに気づき
玄関を開けたから事なきを得たが
これでは不便極まりない。

何とかしなくては、と私たちはありもしない知恵を絞り
センサーの位置を変えようかとか(これは玄関の外壁が凹凸のある石材で、
接着剤は効かないし、穴を開けるのも一苦労。結局いま取り付けてある場所
=玄関ドアの横しか取り付けられるところはないと知って、却下)
センサーの横に「これはセンサーです」という張り紙をしようか?とか
(張り紙なんて、ちょっとみっともないよねえ?ということで、却下)
あれこれ案を出した挙句、結局ホームセンターへ行って、
無線の呼び鈴を買ってきた。
電気配線の不要な無線、ワイヤレスなら、電気屋さんを頼まなくても
自分で設置できるからである。

で、取り付けてみたのだが、この呼び鈴、
その時によって鳴ったり、鳴らなかったり
実にてきとーな仕事しかしてくれない。
ドアに金属が使われているために電波が遮断されるのか
外が寒すぎてうまく機能しないのか、理由はわからないが
とにかく10回のうち、3回くらいしか鳴らない。

「まったく困ったもんだ」と雪だるまと二人ぶつぶつ言ってはみたが
せっかく買って取り付けた呼び鈴だし、たまには鳴るので
取り外すのも惜しくて、そのままにしておいた。

そうしたら今日、またまた問題が発生した。
UPSが配達に来てくれたのだが、
呼び鈴を鳴らしても誰も出てこないので
留守だと思って
ドアに不在通知を貼り付けて帰ってしまったのである。
しばらくして別な用事で玄関ドアを開けた雪だるまが
貼り付けられた不在通知を発見して、「Sxxx!」とぷりぷり。
どうやら届くのを楽しみに待っていた荷物だったらしく
それを持ち帰られてしまったのが、かなり腹立たしかったようす。

私も、「これでは役に立たないだけでなく、むしろ有害だ。
外した方がいいよ」と進言して、せっかく付けた呼び鈴だったが
1週間ほどで、さようなら。

その後、なんだか階下でプリンターの音がしているなあと思ったら
雪だるまが「これでどうだ?」と、プリンターから出てきたばかりの
紙をもって上がってきた。
名刺よりちょっと大きいくらいのサイズの四角に
「ここを叩いてください」と印字されている。
ノッカーの真下にこれを貼っておけば、間違えて温度計センサーを
手に取る人はいないだろうという心づもりなのである。
それがこれ。
ま、あまり見場はよくないが、仕方ない。
背に腹は・・・というやつである。


IMG_0568.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1783-95b670be

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター