朗読者が変わると、面白さも変わる

  • 2016/02/08 13:00
  • Category:
今日はスーパーボウルの日で、雪だるまは6時過ぎからジェリーと一緒にTVの前に陣取っている。一方、私はゲームには全く関心がないので、さっきハーフタイムにビヨンセは見に行ったが、あとは2階で好き放題。さっきまではクリスマスに貰ったギフトカードで買った毛糸で、新しい靴下に取りかかっていた。BGMはジャネット・イヴァノヴィッチのステファニー・プラムシリーズ。先日このシリーズを発見して以来、編み物のお供にはずっとこればかり聞いている。なにしろ朗読者のローレライ・キングさんが、類いまれに上手いのだ。声だけで複数の役柄を完璧に演じ分け、しかもそれぞれの人物が、みな生き生きしている。作者には失礼かもしれないが、もしかしたら文字を追って自分で本を読むより、ずっと面白くなっているのではないかと思う。

実はステファニー・プラムシリーズは、もう一人、C・J・Crittさんも朗読しているのだが、二人の朗読は大げさに言えば天と地ほども違う。私はキングさんの朗読を2本(『To the Nines』と『Ten Big Ones』)聞いた後、クリットさんの『Four to Score』を聞いたのだが、ステファニーもルーラも他のキャラクターも、みな突然20歳くらい老け込んでしまったかのように平板になり、躍動感ゼロ。一応ミステリ仕立てなので、結末が知りたくて無理やり最後まで聞いたが、正直、聞いているのが苦痛なくらい面白くなくて、途中何度も止めようかと思ったほどだ。

もちろんクリットさんもプロのナレーターで、J・イヴァノヴィッチだけでなく、パトリシア・コーンウェルやメアリ・H・クラークなど、数多くの作家の作品を朗読している。だから技量がないわけではないと思うのだが、どちらかというと低めでザラリとした印象の声が、ステファニーの軽い脳天気なキャラと合わなかったのか、はたまた彼女の解釈だとこういう演じ方になるのか、その辺はこちらには何ともわかりかねるが、オーディオブックのレビューで彼女の朗読に対して複数の人が低い評価を与えているのをみると、そう感じているのは私だけではないのだと思う。

さっき「人物がみな平板だ」と書いたが、中でも興ざめなのが2人の主要男性キャラ、ジョーとレインジャーだ。ジョーは警官、レインジャーはステファニーと同じバウンティ・ハンターで、2人とも“かっこよくて、セクシー”な設定なのに、クリットさんの朗読だとこれが全然かっこよくなく、セクシーでもない。なんだかいつも、徹夜明けでよれよれ・・・といった風情なのである。それでも普通にセリフがあるジョーはまだいいが、だいたいいつもワン・シラブル、少ないセリフで危険なセクシーさを出さなければならないレインジャーに至っては壊滅的で、彼の定番の挨拶は“Yo…”なのだが、私はこんな間抜けな“Yo…”は初めて聞いた。クリットさん、米国人のはずなのだが、ヒスパニックの男の子が言う“Yo…”を聞いたことがないのだろうか?

そしてもう一人、グランマ・マゼール(ステファニーの祖母)も、キングさんとクリットさんでは、全然印象が違う。キンキンした高い声で演じられるキングさんのグランマが、エキセントリックだがどこかに可愛らしさもある印象なのに対し、クリットさんのグランマは低いだみ声で、口調も怖い。可愛らしさは微塵もない。

オハナシは文字で書かれているだけなので、どんな声を使うか、どんな口調にするかは、朗読者がそれぞれの解釈に基づいて作り出していくもので、だから100人の朗読者がいれば、100通りのステファニー/レインジャー/グランマが出来上がるのは当然なのだろうが、それにしても朗読者によってここまで違う印象になるのも珍しい。私は今までにも一人の作者の作品を、複数の朗読者で聞いたことがあるが、改めて朗読者の名を見なければ、朗読者が違うことに気づかないことの方が多かった。ましてAさんの朗読だと面白いが、Bさんの朗読だと面白さ半減と感じたことは、一度もない。素人の朗読は別として、プロの朗読者でここまで印象が違うのは初めてである。

キングさんもクリットさんも、どちらもYouTにあるので、興味のある方はどうぞお試しを。ちなみにシリーズの中で私が一番好きなキャラは、サイズ16のボディを、サイズ10のスパンデックスに押し込んだ元フッカーのルーラ。キングさんの演じるルーラは実に楽しい。


こちらはキングさん



こちらはクリットさん





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1785-b9194e09

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター