掃除の頻度

  • 2016/04/04 09:47
  • Category: 雑記
自慢するようなことではないが、私は掃除が好きではない。乱雑なのも好きではないので片付けはこまめにするが、掃いたり拭いたり磨いたりの所謂“掃除”は、各部屋1週間に1回くらいしかしない。

ことに掃除頻度が低いのが地下室で、なぜかというと起きている間は常に雪だるまがそこにいて、仕事をしたり、PCで作業をしていたりするからである。人が仕事をしている傍らで、があがあと掃除機をかけるのはなんだか気が引け、ついつい掃除をしそびれる。

しかしあんまり放っておくのもなんなので、たまには雪だるまがいても掃除機をかけ、モップで床を拭くが、他の部屋と比べるとその頻度は圧倒的に低い。話にならないくらい、低い。

自分でもその自覚があったので、去年その頻度の低さを調べようと、縦列に各部屋の名、横行に週を入れたおそうじ表を作って印をつけてみた。そうしたら、最も頻繁に使っている居間や台所、階段などは、それでもかろうじて週1の頻度で掃除をしていたが、問題の地下室の掃除頻度はなんと2か月に1回! 私の感覚では、少なくとも月に1回くらいは掃除をしているような気がしていたのだが、それは大いなる錯覚で、現実には2か月に1度しか掃除をしていなかったのである! この時はさすがに我ながら呆れて、笑い出してしまった。「掃除をサボるにも限度ってものがあるぜ、奥さん!」である。

で、この時以来、気を付けて地下室も1か月に1度くらいは掃除をするようにしているが、おそうじ表を見てチェックしないと、自分がほとんど行かない部屋はついつい忘れがち。ついでに地下室は窓が小さくて照明も暗いから、埃があんまり見えないし。

ちなみに、地下室よりもっと掃除頻度が低いのは、ウチの場合バスタブである。ここに住み始めてもうすぐ丸5年になるが、この間バスタブを掃除したのは、たぶん2、3回。だってウチのバスタブ、浴室のまん真ん中にでーんと鎮座してはいるが、その機能は単なる花置き台。湯浴みの道具としては、ただの1度も使ったことはないからである。浴槽として使わなければ、湯垢も石鹸かすも何もつかない。埃はつくだろうが、それは週1回、花に水をやる時シャワーをかけるので一緒に流れる。だから洗剤を使っての掃除は、本当に年に1回くらいで十分なのである。
ま、これ、半分はものぐさな私の言い訳ではあるが。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1807-f3c0e3d7

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター