庭仕事には長袖、長ズボン

庭仕事をするとき、私は相当暑い日でも長袖シャツに長ズボン、
ちゃんと靴下を履き、手には手袋、
頭にはスカーフ代わりの大判ハンカチを被って作業をする。
紫外線の強い日盛りに外にいて、あんまり真っ黒けになりたくない、
というのもあるが、それより何より庭仕事は汚れ仕事。
植木の間に頭や腕を突っ込んで雑草を引き抜き、
花が終った茎や枯れ葉を取り除き、
肥料や土を足したりするのに、肌を露出した格好をしていては
腕や脚が、引っ掻き傷や切り傷だらけになってしまう。
松や杉の尖った針のような葉は、まともに刺されば結構な痛さだし
Barberry(Berberis/メギ)のように、枝が刺だらけの庭木もある。
つまらないケガをしないためには、多少暑くても
長袖、長ズボンでいた方が利口なのである。

それに第一、庭には虫がいる。
毛虫に青虫、アブラムシ。ハダニにナメクジ、葉巻虫。
そして、蚊! なによりも恐ろしい蚊!
うちの周りには、普通の蚊のほかにもう一種、特別に痒い蚊がいるのだ。
刺す現場を取り押さえたことはないので、どんな姿かたちかはわからないのだが
この蚊に刺されると、刺されたところが赤く盛り上がり
痒みが何日も引かない。
ひどい時には、2週間経ってもまだ痒かったりする。
実に厄介な蚊なのである。

だからこそ“暑くても我慢”の長袖、長ズボン+防虫スプレー。
湿度が高くて蚊が多そうな時には、その上さらに首に手拭いを巻く。
まるっきり農家のおばさんだが、綿の手拭いはスカーフと違って暑すぎないし
汗止めにもなって便利なのである。

そしてこの格好で庭に出るたびに思うのだ。
いくら見た目重視の広告でも、

こういうのや(しかもこの女性は裸足!)

gardening.jpg


こういうの(これはガーデニングショーツの広告らしい)は、

gardening2.jpg

大ウソだよなあ、と。

頻繁に農薬散布して、蚊どころか羽虫一匹いない大農場とか
完全に外界と遮られた温室の中ならいざ知らず
普通の畑にこんな格好で出たら、1分と経たないうちに虫刺されだらけになってしまう。

ここはやはり、正しい服装はこれだろう。
長袖、長ズボン、帽子に手袋、そして首には手拭いの完全防備。
これぞ農業婦人の鑑!

g3.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1822-95c1b995

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター