不快なものは不快

  • 2016/07/31 11:17
  • Category: 映画
私は見始めた映画やアニメが不愉快な場合、さっさと席を立つことにしている。
貴重な視力と時間を、不快なもののために使いたくないからである。

一昨日、雪だるまが選んだアニメ『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』もその1つで
どっと引きたくなるようなタイトルといい、ラブコメ少年漫画風の画といい、


macross.jpg


劇中で歌われるアイドルソングといい、80年代の臭気ぷんぷんで、
それだけならまだ「実際、このアニメは84年の作なのだから
80年代のにおいがするのは仕方がない」と、諦めて見ることもできたのだが
話が始まって20分もしないうちに、ぽんぽんと男性優位主義的な発言が飛び出してきて
「アホかいや・・・」と、心底げんなり。
ついでにむらむらと腹も立ってきて、開始40分でさよーなら。
時間を有効に使うべく、庭に出て畑と花壇への水まきを始めた。

マクロスの主人公は、一条輝(いちじょう・ひかる)君という18歳の地球統合軍パイロット。
これにリン・ミンメイという16歳くらいのアイドル歌手、
一条の上官である早瀬未沙などが絡むのだが、
まず引っかかったのが、早瀬に対するエースパイロット、ロイの物言い。
ロイにとって早瀬は同僚、あるいはもしかしたら上官かもしれないのに
(ウィキをチェックしても二人の階級差がよくわからない)
その早瀬に向かって「職務を離れたら、少しは女らしくしろ」とか
「女は男の言うことを聞くもんだぜ」とか真顔で言うのである。

このロイ、設定では1980年代の生まれのはずなんだが、
頭ん中はこのオハナシを考えたおっちゃんたち(ほぼ40年代生まれ)のまんまである。
外見が絵に描いたようなコケイジアン、身長2mを超える金髪の大男なのも
力の優位性を誇示するようで、こちらの反感を誘う。
態度がデカい上に図体もデカいときては、憎々しさ100倍である。

おまけにこのロイという兄ちゃん、色恋に関しても“力の誇示”路線まっしぐら。
一条や早瀬、他の仲間たちと一緒に酒場に繰り出し、
そこで「好きな女は力ずくでモノにするもんだ」と説教したあげく、
「こういう風にさ」と、隣に座るGFのクローディアに
彼女が嫌がっているにもかかわらず、無理やりキスするのである。
ったく、いつまで「女はやっちまえば、こっちのもの」というアナクロ世界に
生きているんだか・・・。ほとほと愛想が尽きる。
百恵ちゃんが「坊や、いったい何を教わってきたの?」と歌ったのは78年である。
なのに阿呆なおっさんたちは、80年代になってもまだ作中人物たちに
こんなせりふを平気で吐かせていたのである。
いくら30年前のアニメとは言え、これが怒らずにいられようか。
不快なものは、何年経っても不快なり。

もっともこのアニメ、ウィキを読むとそのコンセプトには面白いものもあり
もしかして不快を我慢して最後まで見れば、「おお、なかなか」と思えるところもあった
のかもしれない。
私は年と共に著しく忍耐心が低下してきているので、再鑑賞の可能性はかなーり低いが。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1833-5d86fd0e

Comment

Amei

このアニメ、私はTV版をリアルタイムで見ていたことがあります。その当時の感覚ですらすでに「うえええええ(げんなり)」という感想で、見なくなりました。その前に見た伝説巨神イデオンというアニメの劇場版が猛烈に面白かったため、アニメを見るようになったのです。しかし、マクロスは中心となる制作陣の年齢がイデオンより低い割に作中での女性キャラの扱いが性差別的で(たぶん、のちの「萌え」の原型)で、ほんとうんざりしたなあ。
  • URL
  • 2016/08/04 11:05

らうとら

ははあ、TV版でも「うえええ」でしたか。劇場版だけじゃなかったのね。
このアニメに限らず、「アホかいな」とげんなりする日本アニメは結構あるのですが、見続けられないほど不愉快だったのは、これが初めてかな。ま、その時の虫の居所にもよるのですが。腹を立て始めたら、ドラえもんだって腹立つからね。
  • URL
  • 2016/08/06 10:03

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター