外干し

  • 2016/08/12 11:24
  • Category: 雑記
強い西陽の下、外干しした洗濯物を取り込むのは実にいい気分だ。
ごわごわ、ぱりぱりに硬くても、洗濯挟みの跡がついていても
太陽をいっぱいに吸い込み、風に吹かれて乾いた洗濯物は、夏の象徴。
他の季節では味わえない、貴重な一時なのだ。

そもそもここでは、冬は洗濯物を外に干せない。
たとえぴかぴかの快晴でも、外気温零下20度では
洗濯物は干すそばから凍ってしまう。
それでも外干ししているお宅もあるが
あれは乾いているのかいないのか。
試す気になれない私は、冬はもっぱら部屋干しだ。
暖房が入って湿度40%以下に乾燥した室内では
普通の洗濯物なら、1日で乾く。
乾かない厚いタオル類は、仕方がない、
七分通り乾いたところで乾燥機に放り込み、完全に乾かす。
生乾きで長く置くと、なんだかいやなにおいがつくから。

そうやって部屋干しで、あるいは乾燥機で乾かした洗濯物はふんわりと柔らかいが、
太陽の光を吸い、風をはらんで乾いたものの爽やかさはない。

だから4月に入って陽の光が強くなり始めると
私は勇んでデッキの雪を片付け、外干しを始める。
庭はまだ一面の雪でも、外干しを始める。
ことにシーツや大きなタオルを、のびのびと広げて干せるのがうれしい。
冬場、ちまちまと2つ折りにして物干し棒に掛け、
部屋の中でやっとこさ乾かすのに比べて、なんという自由さ!
大きなシーツが、風にばたんばたんとはためくのを見るのも豪快だ。

最近では私自身も豪胆(あるいは無神経)になり
以前は部屋干ししていた下着類も、気にせず外干しするようになった。
遊びに行った叔母さんちで、下着のパンツがずらり物干し綱からぶら下がり
青空にはためいているのを見たのがきっかけ。
「あ、こういうのでいいのね」と。

風に吹かれて乾いたパンツは、いい匂いで気持ちいい。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1837-7c5bf87b

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター