壁は高い

  • 2016/10/03 10:53
  • Category: 言葉
先日、例の「L’étranger」の読み終えて以降、
ここ1週間ばかり、音読をお休みしている。
雪だるまの仕事が忙しくて、私の音読に付き合っている暇がないというせいもあるが、
メインの理由は、音読しているだけでは喋れるようにはならないと
奥様方との散歩の度に痛感させられ、「さてどうしたものか・・・」と
うろうろ迷うことしきりだからである。

それに加えて、ここしばらく発音を直されることが少なくなっていたので
「少しはましになってきたのか?」と、心のうちで喜んでいたら
実は直し始めるときりがないから、よほどひどい間違いでない限り
大目に見ていたのだと知って、がっくり・・・
フランス語の発音、ちっともうまくなんかなっていなかったのである。ああ・・・

もっとも、この点に関しては、私自身うすうす気づいてはいたのである。
お手本にしていたプロの朗読と比べ、音読の際、耳から入ってくる我が音は
どうもなんだかびみょーに、違って聞こえてきていたのだから。

日本語の音韻体系が骨の髄まで染み付いてしまっている我が脳と耳であるので
できない音はいろいろあるが、最近特に絶望しているのが
[e] と [ɛ] の違い。
発音解説の本によると、ともに「舌の山は前方、唇を軽く横に引く」
ところまでは同じであるものの、[e] の方は口の開きがやや小さく、
[ɛ] の方は口の開きが大きいのだそうであるが
私にはこの2つの音の違いが、ほとんど全く全然、わからない。
どちらも「え」にしか聞こえない。

いや、正確には、この2つの音を単独でゆっくり発音してもらえば
「なんか少し違うかなー」くらいには違って聞こえるのだが
単語の中に入られたり、文章の中に入られたりすると
完全にお手上げ。まるっきり区別がつかない。
耳が区別できないくらいだから、当然、口も区別できない。
よって私は、雪だるまによると常に[e] でもなければ [ɛ] でもない
どちらともつかない中途半端な音を出しているそうである。

まあ相手が外国人の下手っぴーなフランス語に慣れている場合は
この曖昧な音でも、前後から意味を判断してもらえるが
そうそういつもこうした幸運に恵まれるとは限らないし
第一、聞き苦しい。直せるものなら、直したい。
が、コトはそううまく運ばない。
50の手習いは、容易ではないのである。

それで時々音を上げて、英語圏に移住したくなる。
ケベックが嫌いなわけではないが、フランス語の壁は
ぜつぼー的に高い。

しかも最近知ったのだが、実は雪だるま自身、
フランス語に不自由のない身ではなかったのである。

こちらに来て以来、保険屋との交渉にしろ、各種工事、
修理人とのやりとりにしろ、いちいち出かけていくので
「その程度のことは電話で済ませたら?」と言ったら、
声だけが頼りの電話では、うまく話ができる自信がないのだそうである。
だから相手の顔を見て話をすべく、いちいち出かけているのだそうで。
なんと、君のフランス語力はその程度だったのか?
と、口あんぐり・・・

そんなら一体なぜ、ここに住んでいるのだ?
二人とも楽ちんな英語圏に引っ越そうぜ!と言いたいところなのだが
ここに住んでいる理由は分かっている。
お義父さんが、ここにいるからだ。
もっともな理由なので私も納得してはいるが
しかしフランス語の壁は高い。ぜつぼー的に高い。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1851-9348bfa3

Comment

隣町から

らうとらさん見習いたいですよ。コツコツと真面目に勉強されて素晴らしいです。私、フランス人のお友達がいて口に鉛筆をくわえさせられ発音矯正されてたのですが、あまりの上達なさに匙なげられました。夫は教える気全然なし。いなおちゃって、最近はテレパシーではなすこと考えてます。本も日本語ばかり読んでると、もうフランス語で読むのがめんどくさくなりますね。これではいかんです。
  • URL
  • 2016/10/04 21:45

らうとら

とんでもない! 真面目にコツコツどころか、何だかやる気が湧いてこなくて、この2週間、さぼりっぱなしでした。でも2週間じゅうぶん休んだら、また少しやる気が出てきて、昨日からぼちぼちと再開。
それにしても奥様方と普通に会話できるようになるのはいつのことか・・・ ちゃんとフランス語で生活していらっしゃるばーばさんを見習わなくちゃいけないんですけど。
  • URL
  • 2016/10/07 19:53

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター