かぎ針ケース

昨日は1日、朝から晩までかかって、こんなものを作っていた。


IMG_0896.jpg


ア〇ゾンに注文したかぎ針セットが届いたのだが、
ケチってケースなしの方を頼んだので
透明プラスチックの箱から出してしまうと
かぎ針は、ばーらばら。

このままでは編み物カゴの中であちこち分散して
「あれ、3.5ミリが見つからない!」なんてことになりかねないので
収納ケースを作ることにしたのである。

最初はいつも通り布で作るべく、余り布など出してみたのだが
どうも「これだ!」というのが見つからない。
そのうちミシンを引っ張り出すのも面倒くさくなって
結局、ピンタレストで見たこの方の作品を参考に
手持ちの糸で、てきとーに編んでみた。

てきとーというのは、作り方の説明がポルトガル語で
私にはちんぷんかんぷんだったからである。
サイト右上の翻訳機能を使って英語にしてみても、いまいち???な訳しか出てこない。
なのでやむなく写真を頼りに、「たぶんこうかなー?」程度で編んだのである。
(後記:ちなみにその後、日本語にもしてみたが、これは英語以上に
目が点になりそうな翻訳であった。興味がおありの方は、やってごらんになるとよろし)

ただセットのかぎ針10本+αの針を収めるためには
Soraia さんのオリジナル作品よりもだいぶ長くしなくてはならなくて
ためにどうもちょっと、間抜けに横長になってしまった。
が、かぎ針は今後も増えていく予定なので、この点は仕方がない。

それよりも失敗だったのは、早く仕上げたい一心で、
手持ちのコットン糸の中から、スポーツウェイトの糸(合太相当)を選んでしまったこと。
ウーステッド(並太)よりはましだろうと思ったのだが、
この長さ(約60cm)だと、巻いた時、結構肉厚になってしまい
なんだかぼってりと嵩張る。

オリジナル同様9本用だったら、この太さの糸でもよかったのだろうが
いかんせん、私が作ったのは倍の18本用。
嵩張るのも道理ではある。
この長さにしたいなら、#3のレース糸、
またはせめてフィンガーリングくらいの糸で編めばよかったのだろうが、
しかしそれではどんなに頑張っても1日では編み上がらない。
欲しい!となったら今すぐ欲しい私だったのだから、仕方がない。
ひとまずこの太めケースをしばらく使って、そのうちまたやる気が出てきたら、
レース糸で編み直すか。
あるいは布で作って、レース飾りか刺繡でも入れるか。

Etsy で見たこの方の作品など、実に上品ですてきだが
真似したくても、この辺ではこういうリネン布、売ってないんだよなあ。


etsy2.jpg


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1866-fc839b3f

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター