ラティくん

  • 2017/02/06 11:09
  • Category: 動物
この冬、うちの庭の動物軍団に新しい仲間が加わった。
ネズミのラティ君である。
ラティというのは要するに ratty で、まんま rat なのだが
シマリス(チップモンク)がチッピーで、黒リスがブラッキーで、
茶リスがブラウニーなら、ネズミ(ラット)はラティでいいだろうと雪だるまが言うので
そういうことにした。

このネズミくん、ラティという名前の通り、毎年冬が近くなると家の中に入り込んでくる
ハツカネズミ(mouse/souris)の2~3倍、茶リスとほぼ同じくらいの大きさで
だから私は、ある雪の日の早朝、まだ薄暗いデッキの上をサササッと茶色いものが移動した時
茶リスが朝ご飯に来たのかと思ったのだが、走り去る後姿を見たら、しっぽが細長い。
茶リスならふさふさした太いしっぽのはずなので「あれ?」と思ったら、それがラティくんの初登場だった。

彼はどうやら、うちのデッキの下に巣を作ったらしく、
雪をかぶった生け垣を抜けてサササッとデッキの上に上がって来ては、
鳥たちが食べこぼしたピーナツやヒマワリの種を拾って食べ、
またサササッとデッキの下に戻っていく。
最初のうちは警戒していたのか、まだ薄暗い早朝か、
夕方、日が暮れてからしか来なかったのだが
誰も追い立てず、また猫や犬など彼を捕まえて取って食おうというものもいないとわかってからは
白昼堂々デッキに現れ、大胆にエサ漁りをするようになった。

(以下、ネズミの画像があります。この手の齧歯類が苦手の方は、どうぞ飛ばしてください)


最初に現れた頃のラティくん。早朝なので画像もぼんやり
(左上の白いものは雪、ラティくんの下はデッキに敷いてあるビニールシートです。
鳥たちが食べこぼすので、シートを敷いておかないと春の掃除が大変)


IMG_0916.jpg



しだいに慣れ、真昼間に登場。日向ぼっこ中か

IMG_0943.jpg


こうして見ると、しっぽが長い

IMG_0927.jpg


そして目が小さい

IMG_0947.jpg


今のところ、うちのデッキ下に棲んでいるのはラティ君1匹だけと思われるが、
何しろネズミのこと、そのうち家族連れで現れる可能性、無きにしも非ず。
そうなるとコトはちと面倒だし、いずれにせよ、ラティ君をうちの庭に置いておけるのは冬の間だけ。
春になって雪が融ける頃になったら、捕まえて森にでも放さなければならないとは思っている。
いくら可愛くても、ネズミはネズミ。はっと気が付いたら昔のケベック並みの大家族になっていて
うちの庭中、ネズミだらけ、というは、さすがにちょっと困るのだ。
ラティ君がカトリックの修道僧よろしく生涯独身を通し、デッキ下に引きこもって
禁欲生活を送るというなら、引き続き棲んでくれても構わないのだが
じいさんネズミならともかく、若い(と思われる)ラティ君にそんなことしろって言っても無理だろうなあ。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1880-3706a058

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター