“抗菌石けん”という名前が紛らわしいのだ

  • 2017/03/07 11:58
  • Category: 雑記
前回書いた「 OC Cleaners」の番組を大量に見てしまったせいで
台所用の手洗いせっけんが切れた時、つい殺菌剤入りのせっけんを買って帰ったら
雪だるまに「アンチバクテリアソープは効果が実証されていない上に
人体、環境に有害な可能性もあると言われているのに、
なんでそんなもの買ってきたの?」と言われてしまった。

えー!と、今更ながらチェックすると、確かにFDA(米食品医薬品局)は去年、
「通常のせっけんより殺菌効果があるという根拠がなく、
長期使用の安全性も検証されていない」として、トリクロサンなど
19種類の殺菌剤を含む抗菌せっけんやボディーソープなどを販売禁止にしていた。
なんとまあ・・・
そうとも知らずにわざわざ抗菌せっけんを買ってきた私は、かなりのお馬鹿である。

幸い、成分をチェックすると、私が買ってきた液体せっけんには
トリクロサンなどFDAが販売を禁止した成分は入っていないようで
取りあえず手洗いに使っても問題はなさそうだが
なんだか手を洗うたびに、己が無知と阿呆さを思い知らされるようで、少々気が滅入る。

私は別にきれい好きでも潔癖症でもなく、多少の汚れやばい菌には平気の平左、
日常的にある程度の雑菌、ばい菌に接していた方が、免疫力がついてよろしい
くらいに思っているので、今まで特に殺菌や抗菌や除菌を気にかけたことがなく
よって、そうした製品やニュースに関心を向けたこともなかった。
それが今回の失敗につながったとも言えるのだが、
それにしても“抗菌剤入り”なんて書いてあると、よけい殺菌効果がありそうで
そんな石けんで手を洗うと、より清潔になるような気がして、紛らわしくていけない。
どうせなら私のような無知でおっちょこちょいの阿呆向けに、
「抗菌剤入りですが、効果のほどは定かではありません」くらいの文言を、
堂々パッケージに書いておいてくれればいいのに・・・

ちなみに、FDAの言う「長期使用の安全性が検証されていない」というのは、
1. 殺菌剤を使うことで耐性菌が増えるリスクがある
2. ホルモンの働きを阻害する可能性がある
という研究結果が報告されているからだそうである。

抗生物質の濫用により耐性菌が増えたと言われていることを考えれば
殺菌剤の大量使用が耐性菌の増加につながることは大いにありそうで
そうなると、より強い薬剤→より強い耐性菌→さらに強い薬剤と
いたちごっこというか悪循環というか、スパイラルが止まらないということになるので
ここはやはり人間、病み上がりの人や、何らかの理由で免疫力が落ちている人は別として
日常的には適度なばい菌の中で暮らしているのが一番いいのかもしれない。
私も次回は、ふつうの石けんを買おう。
買ってしまった抗菌石けんが「詰め替え用 1.18リットル入り」なので
次回がいつになるかは不明だが・・・
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1885-3124270c

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター