ゾンビーダンス

  • 2017/03/29 10:54
  • Category: Dance
日曜日、フランスの誕生祝を近所の中華レストランでやるというので
雪だるまと二人、定刻に出頭した。

2年ほど前、そのレストランに出かけたクラスメートでコックのリン(中国人)が
「僕の勤め先と同じで、あそこは料理を作り置きしていると思う」と言っていたので
味には期待せずに出かけたのだが、案に相違して、ブッフェの割には、まあまあ食べられた。
少なくとも、しばらく前につぶれたダウンタウンの中華レストランのように
何を食べても同じ味・・・という、げんなりするような経験はせずにすんだし
作り置きされていたとは思えない、しゃきっとした歯ごたえの野菜炒めなどもあったので
もしかしたら最近、コックが変わったのかもしれない。

なんにしても、予想した以上の味で有難かったのだが、
そんなことよりこの誕生祝で面白かったのは、食後のダンス。
レストランの片隅に小さなステージが設けてあって
最初はそこでセミプロ?と思われる歌手が歌を歌っていたのだが、
途中からそれがダンスミュージックに変わって
人々が踊り始めたのである。

踊っていたのは、ラインダンス(dance en ligne)と呼ばれる
カントリーダンスの1種。
ラインダンスとはいっても、脚線美の踊り子さんたちが一列に並び
頭上高く脚を振り上げるフレンチ・カンカン風のあれではなくて
老若男女が碁盤の上の碁石のように縦横揃って並び
みーんな同じステップを踏む、集団舞踏の方である。

この「カントリーダンス」、YouTubeあたりで検索してご覧になるとわかると思うが
ステップはごくごく単純。
初めての人でも5分も練習すれば、なんとかついていける程度に簡単。
上半身の振りはほとんどないし、ターンとか派手な動きも、まずない。
そのためかどうか、実はこのダンス、このあたりでは愛好者はお年寄りばかり。
我がお散歩クラブでも、70代のマダムが数人、このダンスクラブに所属しているし
今回の誕生祝の主役であるフランス(60代)や、お義父さん(80代)も
毎週、近隣の町で開かれるダンスの会に出かけている。

なので、食後、ダンスに興じていたのも、みーんなお年寄りばかり。
ただし、フランスを始め、みな普段から踊っている人たちらしく
ステップは熟知しているようすで、
足を踏み違えてまごまごしているような人は一人もいない。
それはいいのだが、しかし、しばらく見ていたら、なんだか変な気がしてきた。
踊っている人たちが、全然楽しそうでないのである。
明るいカントリーミュージックに合わせ、身体を動かしているのに
少しも躍動感がない。
足は動いているが、上半身は動いておらず、
と言ってアイリッシュダンスのように、ぴんと伸びた背筋の凛とした美しさ
というのでも、もちろんない。
おまけに顔にも表情がない。
好きで踊っているのであろうに、嬉しそうな笑みすらない。
たとえ、いやいやフォークダンスを踊らされている中学生男子だって
もう少し表情があるぜ、と思うくらいみな無表情なのだ。
唯一の例外は、隅のテーブルから立った細身の男の人。
彼だけは楽しそうな表情で、ついでに手足の動きにも生き生きした弾みがあったが
その他の人は、踊っているというより、何か指示された動作を黙々とこなしている
という感じで、隣に座って見ていた雪だるまが、ぽつり漏らした感想は
「ゾンビーみたい・・・」

わたしも思わず吹き出してしまったが、言われてみればその通り。
どうせ踊るなら、もう少し楽しそうに踊ればいいのに、と思うが
ラインダンスというのは、仕舞同様、表情を殺して踊る/舞うものなのだろうか?




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1890-ec9ebd82

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター