今年のメンバー

  • 2017/06/05 12:04
  • Category: 動物
先日庭で、トリの卵の殻を拾った。
雪だるまに聞くと、たぶんロビンの卵だろうと言う。
言われてみれば少し青みがかっていて
なるほど毛糸の色名などで時々みかける“ロビンエッグ”というのは
ここから来ていたのかと、初めて得心。


見つけた殻は半分だけ

IMG_1111.jpg

IMG_1108.jpg



この卵から生まれたヒナは、たぶん今頃どこかの庭で
ぴょんぴょん跳ねながら、虫をついばんでいるのかもしれない。
捨ててしまうのも何だか惜しいので、植木鉢の飾りにしてみた。

IMG_1141.jpg



シマリス、黒リス、灰色リスも、例年のとおり顔を出している。
チッピー(シマリス)のうち1匹は去年からの子らしく、呼べばピーナツを貰いに来るが
もう1匹は新しい子らしく、ヒトの姿を見ると脱兎の如く逃げ出していく。
野生動物は代替わりが早く、同じ個体が3年続けて来ることはないようだ。


これは去年からウチに来ている子

IMG_1037.jpg


黒リスも代替わり。
今年面白いのは、この子。
上半身と下半身で毛並みが違い、上半身はなめらかに黒いのだが、
下半身は灰色がかった毛がぽわぽわと生えている。
まるで毛皮のパンツをはいているようなので、
私と雪だるまは、彼を“パンツ”と呼んでいる。

-2IMG_1104.jpg



灰色リスは、ウチの庭にはたまーにしか来ないので、
去年からいる子か、初めての子か、そもそも判別不能。

IMG_1129.jpg


籠の中のピーナツを狙っているところ

IMG_1134.jpg


そういえば、冬の間毎日のように現れて私たちを楽しませてくれた
ねずみのラティ君は、ある日突然、姿を消してしまった。

雪もなくなってきたので、そろそろ捕まえて森に放しに行かなくちゃね、
と言っていた矢先、ふいと姿を見せなくなって、それっきり。
春の到来とともに、ご近所の猫たちがウチの庭を徘徊し始めたので
そのうちの1匹に捕まってしまったのかもしれない。

せっかくリンゴの土産でも持たせて、森に連れて行こうと思っていたのに
充分過ぎるほどのキャットフードをあてがわれてやや肥満気味、
腹は空いていないはずのこのあたりの飼い猫の餌食になったとすれば
残念至極という他はない。
あまり賢くなさそうな顔が、いかにも可愛らしかったんだがなあ。


在りし日のラティ君

IMG_1021.jpg









スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1899-858fb6fe

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター