布地屋さん

クロスステッチにしろハーダンガーにしろ、
刺繍したものを小物に仕立てる時には裏地が必要で
しばらく前から様々なオンラインストアを覗き歩いていたのだが
なかなか気に入った布がない。

服の裏地ではないから、すべりのいい無地である必要はまったくなく
むしろ綿か綿混紡の面白いプリントの生地、
表地とは対照的な色柄の、インパクトのある生地がいいなあ、と思って
あちこち見て歩くのだが、どれも今ひとつ。
なかなか私好みのポップな生地は見つからない。

大部分が服地かカーテンなどの室内装飾用、あるいはキルト用なのだし
マスマーケットを対象にしている以上、売れ筋ばかりの無難な品揃えになるのは
致し方ないところだとしても、どこを見ても同じような退屈な生地ばかりで
妥協してさえ欲しいと思える生地がないのにはまいった。
そしてネットの上で時々見かける楽しい生地は、
みな一体どこで手に入れているのだろう?
大きな街の大きな布地屋さんとか、デザイナーズショップとかに行かないと
ないのかなあ、と諦めかけていたのだが
ある日ふと“best online fabric stores”か何かで検索したら
「このサイトの利用には注意が必要。見始めるとハマって時間を忘れます」
みたいな注意書きをされたサイトがあって、「なんだこれ?」と行ってみたら
思わず「うおお!」

spoonflower ">

はなから私好みのちょっと変なプリントが目白押しで
それだけでも狂喜乱舞の大興奮なのに、
その上デザインの数が半端でない。
たとえば“sheep”で検索すると、全23ページ、
計1800以上のデザインが出てくるのだ。
中には同じデザインの色違い、あるいはモチーフのサイズが違うだけ、
というのもあるが、それにしても1000以上のデザインがあるのは凄い。
しかもみんなちゃんと“ひつじ”模様なのだ。

好みのデザインを探す検索語も詳細を極め、
たとえば動物だったら、森の動物、家畜、ペット、海の動物等々に枝分かれし
そこからまた熊、鹿、狐、リスなど個々の動物に枝分かれしていく。
この検索語がまた楽しくて、たとえば Style → Histrical で絞り込んでいくと
中世、ゴシック、ロココ、ヴィクトリアン、アールヌーヴォーからアールデコ、
50~60年代モダン、ついでにスティームパンクまであって、
それぞれそれっぽいデザインが次から次へと出てくるので
見ていてほんとに厭きない。

国別もあって、Japaneseで検索すると、正統和風柄から中国、日本がごっちゃになった
キッチュな柄まで、これまた呆れるほどたくさんのデザインが繰り出される。
古い日本のマッチ柄なんて、他では絶対お目にかかれないデザインである。


  これ

match.png


懐かしのぬりえ柄もあった

nurie.png


もっとも、フランス風のシックなデザインを期待して“French”をクリックし、
出てきたのが“フレンチ”ブルドッグとか、“フレンチ”フライをフューチャーした
ポップなデザインだった時には、「あれま・・・」と思わず吹き出してしまったが。

たしかに“フレンチ”ではあるのだが・・・

frenchfry.png


このショップ、こんなにデザインが多いのは、個人が自分がデザインした柄をアップロードし
それを布地や壁紙、ラッピングペーパーにすることができるためらしい。
そのためのデザインツールも、サイトに完備されている。
詳しく読んでいないのではっきりとは言えないが、
布地その他はオンデマンドでプリントするシステムのようで、
客はデザインを選び、布地(綿、麻、ライクラ、フリースなど20種類近くある)を選び
大きさ(5インチ角のテスト用、ファットクォーター、あるいはヤード単位)を選んで注文する。
値段はデザインに関係なく、布地の種類によって決まる。
最も基本的な綿生地なら、1ヤードUSD17.50である。
この値段が安いか高いかは、それで何を作るのか
あるいはそのデザインにどの程度惚れこんでいるのかによると思う。

何にしても「ハマって時間を忘れるので注意」の警告は正しかった。
私はこのサイトを発見して以来、ずっとサイトを開きっぱなし。
暇を見てはサイトに飛んで、あれこれのデザインを眺めては
「きゃー」だの「かっわいー」だのの嘆声を発して、ハートマークを増やしている。

そして眺めているだけではつまらないので、
先日ちょうどファットクォーター半額セールだったのを幸い、
6デザインばかり注文してみた。
うち1枚はこれで、ぜひこれをこのまま使って、
ごくシンプルなトートバッグを作りたいと思っているのだが
うーん、うまくいくかなあ。
私、ミシン下手なんだよなあ。


真剣に読書している動物たちがかわいい

animalb.png

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1904-0948c874

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/07/25 20:07

らうとら

鍵コメさん
私も2年前香港に行ったとき、食品をはじめ物価が2割増しくらいに上がっているのに驚きました。
その時会った元同僚やその家族も、色々な例を挙げて、物価の上昇に対する不満を口にしていました。
その割に給料が上がったという話は聞きませんでしたから、庶民の暮らしはなかなかに大変なのではないかと推察いたします。香港はもう、かつてのようなお買い物天国ではなくなったということでしょう。
  • URL
  • 2017/07/28 11:02

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター