FC2ブログ

道に迷うなら、田舎は車、都会は徒歩

  • 2017/09/12 10:48
  • Category: 雑記
田舎で道に迷うなら車、都会で道に迷うなら徒歩がいいというのは
田舎は何しろ建物と建物、家と家の間が広ーく開いていて
歩いてなんぞいたら、いつまでたってもどこにも着かない。
田舎は徒歩で移動するようにはできていないのである。
それに道幅に余裕があり、車通りも少ないから、
うろうろ迷ってのろくさ走っても、後ろから警笛を鳴らされることもない。
急いでいる人は、黙って追い抜いていくだけ。
こちらは焦ることなく道路標識や家の地番を確かめつつ、
ゆっくり好きなだけ迷うことができる。

が都会ではそうはいかない。
前にも横にも後ろにも車がいるから、ここかあそこかなどと迷っている余地はない。
迷ってぐずぐずした運転などしようものなら、情け容赦なく警笛が鳴らされる。
ついでに1本の道路に2、3車線あったりするから、右折/左折したいなら
早くからそれなりの車線にいなければならない。
「あ、行き過ぎた!」と思っても、Uターンできる場所は限られているから
涙を呑んで延々まっ直ぐに走り続けるしかないし、
GPSが頼りにならず地図を見たいと思っても、
田舎のようにひょいと路肩に車を寄せて、おもむろに地図を広げ、
ということもできない。
ちょっと思い浮かべてみればすぐわかるとおり、
都会の道路にはぼうっと広がった路肩など存在しない。
古い街であればあるほど道幅には余裕がなく、道のぎりぎりまで
店舗や住宅がせり出している。
たまに空きスペースがあると思うと、それはだいたい有料の駐車場で、
しっかりメーターがついていたりする。
つまり、都会には気軽に車を止めて今後の走路を検討できる場所がなく、
よって迷ったが最後、ひたすら走り続けるしかないのである。
(私と雪だるまは一度、ケベック市でこれをやった。なかなかしんどかった)

が、歩きなら、状況は一変する。
都会は人が歩いて移動できるようにできている。
人がたくさんいるし、店もあるし、日本なら交番もあるから、
誰かに道を聞くこともできる。
歩き疲れたら、スタバやカフェ付きの本屋に寄り込めばよい。
陽気のよい時なら、公園で休むという手もある。
そうやってお気楽に歩いていると、そのうち迷っているんだか、
ただ散歩しているだけなのか、自分でもわからなくなるかもしれない。
誰かと待ち合わせをしている場合は困るが
そうでなければ都会で徒歩で道に迷うのは、さほど悪いものではない。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1910-92c5588a

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター