FC2ブログ

歩行不自由につき

昨日、脚立から落ちかけて左踵を痛め、歩行不自由になったので、やっとブログを更新する暇ができた。このところ、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、あれを編んだり、これを作ったりで、なんやかやと結構忙しかったのである。

が、歩行不自由になってみれば、ジムにも行けないし、散歩クラブにも行けない。掃除も思うに任せない(片足で掃除機をかけたり、モップをかけたりするのは、かなり難しい)ので、勢い椅子に座って編み物三昧。しかし編み物ばかりしていると目と手首が痛くなるので、ではちょっとここらでサボっているブログの更新でも、という次第。

脚立から落ちかけたのは、玄関ドア上の窓にクリスマス用の電飾を取り付けようとしていたら、どういうわけだかぐらり脚立が横に傾いて、空中に放り出されそうになったので、脚立と一緒に倒れるよりは・・・と、とっさに脚立から飛び降りたのだが、生憎飛び降りた先が玄関の三和土、コンクリート+石のタイルの上だったので、着地の際したたかに左踵を打って、(不)名誉の負傷、一丁上がり。

踵と足の裏がちょっと腫れているだけなので、別に踵の骨を砕いたわけでも、ヒビが入ったわけでもないと思うが、とりあえず今のところは左踵に体重をかけようとすると「びゃあ」と激痛が走るので、左側に杖をつき、右足だけで歩いている。なかなか不便である。しかし、こういうこともやっていれば段々上手になるもので、昨日よりはうまく杖を操れるようになってきたし、左踵の痛みが和らいできたせいもあって、昼頃からは階段の上り下りもできるようになった。これでだいぶ移動が楽になった。うちは正味3階建ての家なので、階段にお尻をついて1段、1段、腕の力だけで上ったり下りたりするのは、結構しんどかったのである。

ところで、この杖というものだが、今うちにあるのはこのタイプで、

       cane1.jpg


つまり握りはT型、柄はまっすぐで高さ調節可能、先端はゴム。人工股関節の手術をする前、雪だるまが使っていたものである。当時、雪だるまは傘を杖替わりにしていたりしたので、それよりはましだろうとこれを買ってあげたのだが、今回、自分の足が不自由になって使ってみると、この杖、あまり使いやすくない。両足を使える人が歩行の補助に使うのならこの形でよいのだろうが、片足しか使えない人が、自身の体重の半分くらいをかけて使うには、握りが硬すぎて手が痛いし、ゴム先も接地面積が小さすぎて安定に欠ける。階段などではぐらついて、少々怖い。

同じ使うなら、こういう先端が四つ足になったものの方が、

      cane2.jpg

しっかり身体を支えてくれて、安定がよさそうである。この次買う時は、こういうのにしよう。それでもだめになったら、次は歩行器か電動車いすか。サイボーグみたいな電子制御義足というのは、まだないようだから。


歩行器1 前脚が車輪になったタイプ

walker.jpg

歩行器2  カゴ付きもあります

walker2.jpeg



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1920-4a7d190d

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター