FC2ブログ

奇跡的に

  • 2018/01/20 23:31
  • Category: 言葉
第1回目の授業は、奇跡的にうまく行った。
生徒の数が先週聞いていた4人から、その日の朝、5人に増え
そして夜になって実際に蓋を開けてみたら6人になっていて
「ぎゃあ、テキストが足らんじゃないか!」と少々焦ったが、
それはGちゃんに私用の控えを渡して問題解決。

雪だるまに「生徒がわかるかどうか、わからない」と言われていた私のフランス語も
幸い生徒がみな熱心で、協力的で、なまりだらけの片言フランス語でも
わかろうという態度で聞いてくれたし、
私の説明がわかりづらかったり、足りなかったりした場合は
すかさずGちゃんが横から補足してくれたので、
なんとかみな、私の言わんとしているところを理解してくれたと思う。

それに、事前に教師経験のある友人たちから
「重要なのはあなたが喋ることではなく、生徒に喋らせること。
できるだけ生徒に喋らせなさい」と口を酸っぱくして言われていたので
アドバイスにしたがい私からの説明は減らし、生徒の練習に時間の大部分を割いた。
私の下手くそな説明を聞くよりよほど役に立つし、
いずれにしても初回、あいさつの練習をしている段階では、説明事項もあまりない。
「こんにちは」や「ありがとう」が、自然に口を突いて出ればいいので
なぜそう言うか、など考えなくてもよい。

ちなみに6人の生徒は、女性3人、男性3人。
日本語を勉強したい理由は、日本のアニメが好きだから(高校生のSちゃん)
空手をやっているから(Sさん)、日本に旅行に行きたいから(Oさん)
仕事で時々日本に行くから(Yさん)、日本に友達がいるから(Gちゃん)
いろいろな外国語を勉強するのが好きだから(Eさん)、とさまざまだ。
はっきり聞いたわけではないが、Eさんを除き、みな少し日本語を齧ったことがあるようで
あいさつやローマ字の読み方などは、みな苦も無くこなした。

さて次回は、自己紹介。
「わたしは ×× です」など、“文”が出てくる。
今せっせとテキストを作っているところだが、文が出てくるとなると少しは説明をせねばならず
しかし初級の段階で、しかも10回しかない授業で、あまり詳しい説明をしている時間はなく
さてどこまで説明するのが適切か、と少々頭を悩ませている。

このところ夜、眠りに落ちる前、最後に考えるのも授業のこと、
朝、目が覚めて最初に頭に浮かぶのも授業のこと、
頭の中で「日本語」がくるくる回っている。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1926-4dbc4a91

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター