FC2ブログ

トイレットトレーニング

  • 2018/02/25 11:15
  • Category: 言葉
先日、雪だるまに「君の発音では、生徒がわかるかどうかわからない」と言われた話を書いたが
そのあとで「ならばどうして音読の時、私の発音を直さなかったのだ?」と聞いたら
「だって、直しても直しても、しばらく経つとまた元に戻っているから」との返事だった。

なるほど、ありそうな話である。
私の脳と耳と口は日本語発音で固まっているから、直された直後はかろうじて発音できても
しばらくするとまたするするーと、慣れ親しんだ日本語の音に戻ってしまうのであろう。
【ɛ】の鼻母音然り、狭い【e】然り、口をとんがらかす【u】然り・・・(ありすぎて書ききれん)

が、しかし、このままでは困る。
で、私は雪だるまに頼んだ。
「直らなくても、無駄だと思っても、とにかく直してくれ」と。
そしてこれは犬のハウストレーニング(トイレットトレーニング)と同じなのだ、と説明した。
子犬がどこで用を足すべきかを覚えるまでには、しばらくかかる。
犬によっては、いつまで経っても覚えられない犬もいる。
(私が昔飼っていた某イングリッシュコッカーなどは、最後まで粗相をし続けた)

しかし覚えられないからと言って、叱るのをやめてはいけない。
叱るのを止めれば、犬は「これでいいのだ♪」と思ってしまう。
発音矯正もまた然り。
間違えるたびに直されなければ、私の脳は「これでいいのだ♪」と思ってしまうのだ。
そしてそのまま楽な日本語的発音で固まってしまうのだ。
私の脳は、犬並みなのだ。

何度も何度も同じ音を直さなければならない雪だるまには災難だが
そこはそれ、出来の悪い配偶者を持ったのが運の尽き、と諦めてもらう他はない。

だって他にしようがないではないか。
聞いている人がわからないのでは、喋る意味ないのだから。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1932-1b8894ae

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター