FC2ブログ

本の話 1

  • 2019/08/07 02:02
  • Category:
例の狼男小路に住む叔母さんの家に遊びに行った。
叔母さんは今年、村上春樹にはまっているそうで、
「ほら、これなの」と、『ねじまき鳥クロニクル』と『1Q84』を見せてくれた。

叔母さんによると、最初に読んだのは『海辺のカフカ』で
それがとても面白かったので次から次へと読み広げ、
今は娘さんと二人、貸したり借りたりしながら、彼の本を楽しんでいるらしい。

叔母さんがあんまり楽しそうに村上春樹の話をするので、ちょっと懐かしくなり
しかしまさか、原文日本語の小説を仏訳で読もうとは思わないので
(そんな回りくどいことをして何になる?)
ならばと電子書籍を探してみたが、キンドルでも他の書店でも
彼の最近の作品は、どれもまだ電子化されていない。

私が最後に読んだ村上春樹はたぶん『ダンス、ダンス、ダンス』だが
電子書籍化されているのは、ちょうどそのくらいまで。
それ以降は紙のみ。
つまり、叔母さんが気に入った『海辺のカフカ』も『ねじまき鳥』も『1Q84』も
読みたければ、紙の本を日本に注文するしかない。
安くもない送料を払って。

30年前、私は村上春樹を嫌いではなかったが
ものすごく好き、というわけでもなかった。
今読めばまた感想は違うかもしれないが
それを確認するためだけに紙の本を注文する気はないので、
また何か強烈な動機が起こったらその時に、ということで今回は見送り。

negimaki.jpg

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/2001-0e764067

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター