年を取ると

  • 2010/05/17 16:00
  • Category: 雑記

わたしが出張に行っていた木曜日、雪だるまは駅から家までの間で急に息苦しくなり、途中の公園でしばらく休んで、やっと家に帰り着いたのだという。翌金曜の朝も前日ほどではないがやはり息が上がり、その後退社間際には机からトイレまで15mほど歩いただけで、まるで10マイル走った後みたいに息が上がって、私に「ジムには行かない」と電話してきたときも、まだはあはあしていた。

 

さすがにこれはおかしいので、金曜の帰り二人で自宅前の医者に行き、心臓専門医を紹介して貰った。そして土曜日、一緒に行ったのだが、心臓のエックス線写真は異常なし。血液検査の結果も特に異常なし。肺もわかるかぎりでは正常。雪だるま自身、息が上がる以外、心臓に痛みもなければ動悸もなく、発汗もなく、疲労も感じず、で他の症状はゼロ。医者は検査の結果を見、雪だるまの話を聞いて、さかんに”That’s interesting”と言っていたが、雪だるまは苦笑いしながら”Well, not to me”と言うようなことを言っていた。まあ本人にすれば笑い事ではないわな。

 

土曜日の検査では異常が見つからないので、明後日CTスキャンを撮ることになった。ウチの近くの病院で撮るのだが、その料金がなんと7000元弱(10万円弱)。心臓に問題がありそうな人に、この料金をずばり伝えるのはいかがなものか。聞いたとたん心臓麻痺を起こし、ぽっくり逝きかねないぞ。幸い雪だるまの会社の保険は私の会社の保険よりカバー率がいいので、自己負担は2割程度で済みそうだが、それにしても結構な金額だ。やれやれ。

 

翌日曜日、今度は私の具合が悪くなった。夜中、なんだか気持ちが悪いなあと思い、朝起きたら熱が上がっていた。それでもやるべきことはやらねばならないので、買い出しに行ったり、立法会補選の投票に行ったりと動き回っていたら、朝37度台だった熱は午後には38度台になった。こちらもやれやれ。

今朝熱はまた37度台に下がったが、まだふらふらするので会社は休んだ。そしてどこにも出掛けずいい子にしていたのに、午後にはまた熱が上がってしまった。なんでやねん。

年を取るといろいろ故障が多くていやになる。ふだん丈夫だとなおさらだ。

スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター