ミス○○

  • 2010/05/14 11:42
  • Category: 仕事
出張から帰ってきた。今回はHKの某タレントさんと一緒だった。彼女は某年度のミス○○であり、かつ別の年度のミス△△でもあるのだが、容貌がいまひとつ人々のおめがねに適わなかったことが災いして、“史上最も不細工なミス○○のひとり”とか“主催の某社が仕組んだ”とか、ミスに選ばれた直後はさんざんバッシングされた。しかし彼女は展開された一連のかなり熾烈なバッシングにも冷静かつ余裕ある態度で通し、タレントとして活動を続けるとともに、慈善活動などに積極的に参加しているそうである。と、ここまでは彼女と仕事をすると決まってから、ネットなどで泥縄で調べたこと。


実際に会った時の彼女の印象は、確かに容貌は「おお・・・!」と口を開けて見とれるほどではないが、それなりにキュートだし、条件がいいとも言えない仕事場でも文句も言わず、おっとりとにこやかに仕事をして人をそらさず、手配をする側としては何の困難もなくて有難かった。


プライベートの場でも人をそらさぬ態度は変わらず、また常に見られる立場を意識して、化粧にも衣装にも手を抜かない。あっぱれである。最後の日などはタイトなジーンズにヒールが10センチ以上あるアニマル柄のプラットフォームシューズで現れ、アメ横にお買い物に行くと知っていた私は「あれで歩けるかいな?」と心配だったが、こけたら捻挫確実のプラットフォームシューズでも、彼女はフラットシューズの私やマネージャー、男性陣と一緒に問題なく歩いていた。うーむ、プロフェッショナル。そして所々で買ったものを手にスナップを撮って貰っていたが、そのポーズと表情が実に決まっていて、ここもやはり、うーむ、プロフェッショナル。“史上最も不細工”と言われようと何と言われようと、生身の彼女は十分キュートだった。


それに言わせて貰えば、HKを代表するミス香港だって、歴代のミスの写真を見れば、傾国の美女などほとんどいない。たまに美貌が際立つ人もいるが、それはたいてい欧亜混血の人で、純粋広東系の美人など、白いカラスくらい珍しい。ミス○○が多少美人じゃなくたって、ぶーたら言うほどのことでもあるまいよ。 
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター