ティーコゼー

そういえばこの前の日曜(116日)から、冬時間になった。6日の午前1時に、時間が1時間戻されて午前0時となったのだ。したがって日曜朝、いつも通りに6時半に起きた私は、公式時間では5時半に起きたことになり、いつまで経ってもお昼にならなくて、なんだか午前中がずいぶん長い気がした。

 

公式時間が1時間遅くなったので、日曜の午前中は家の各所に置いてある時計の時間を合わせて回ったが、「現在地:カナダ」にしてあるコンピュータだけは自動的に時間が調整されていて面白かった。今まで夏時間、冬時間のあるところに住んだことがなかったので、こうなっているとは知らなかった。へー、である。

 

さて、大量の仕事をいただいたので暇があると仕事をしているが、頭と目が疲れやすいうえ、気が散りやすい性格なので(今だって仕事の途中で、こんなの打ってるし)、目が痛くなったり、飽きたりすると、他のことをする。最近のひまつぶしは、編み物である。木々の葉が落ち、肌寒くなってくると、刺しゅうよりも編み物の方が気持ちがいい。

 

それに編み物は実用的だ。香港では帽子やマフラーは飾りだったが、当地ではニットの帽子や襟巻は装飾品ではなく、堂々たる必需品である。10月も半ばを過ぎると、帽子なしでは頭が寒くて自転車に乗れない。襟巻も、首が埋まるくらいぐるぐるに巻きつけないと、冷たい風が襟元から入ってきて、身体全体が寒くなる。そんなこんなで、まず帽子を作った。耳まで覆える深めの帽子だ。そして今はその帽子に合わせて襟巻を作っているが、中細毛糸を4号棒針で編んでいるので、仕上がりは当分先のもよう。「ちぇ、もっと太い糸を選ぶんだった」と今さらながら反省。

 

ただし前回書いたように、寒さが厳しくなって自転車に乗れなくなってきたので、せっかく編んだ帽子も実際に被って外に出たのは1度だけ。何のために編んだんだ?と言いたいが、たとえ被って外には出られなくても、帽子には別の利用法もあることをある日、発見。


ちょうどテーブルの上に置いてあったその帽子をティーコゼーに使ってみたら、お茶が冷えなくてすこぶる具合がよかったのだ。でしばらくティーコゼーとして使っていたが、やはり帽子を代用するのは具合が悪いので、今週初め専用ティーコゼーを作ってみた。お茶用だから純毛でなくてもいいや、と糸はアクリル。もようはマージョリー・マッセイさんのクロスステッチ図案を転用。何カ所か間違えたが、ま、大勢に影響はないと思う。


 

  見えないが、右にはコーヒーミル、左側にはやかんがある。



これで勢いづいた私は、本日ア○ゾンで編み物の本を2冊購入。ほんとはbk1で嶋田俊之さんの本を買いたかったのだが、日本から買い、SALで送ってもらうと、届くのは23週間後になってしまうので、今欲しい! すぐ欲しい!の私は待ち切れず、ア○ゾン・カナダでレビューがよかった下記2冊を購入。内容が好みだといのだが。


 




スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター