欲望は力

昨日は暇に任せてポルトガルの菓子ポルボランを作ったのだが、バター60g、ショートニング60gとあったのを、バター80g、ショートニング80gと読み間違い、生地どろどろ。

天板に広げた時点で「なーんかヘンだなあ。こんなどろどろの生地でええんかいな?」と思い、レシピを見直したら油脂の量を派手に読み間違えていることを発見。冷蔵庫に1晩寝かせてから型抜きし、焼くことにはなっているのだが、30%も油脂の量が多くては、たとえ1晩寝かせても焼き始めた時点でまた元のどろどろに戻ってしまいそうなので、やむなく粉類(全粒粉、薄力粉、アーモンドパウダー)も30%増しにして、天板上の生地に混ぜ込んだ。えーかげんもいいところである。

が今朝焼いてみたら、何とか形を保って焼き上がった。味? サクサクサブレのケーキ版で、可もなく不可もなく。単に賞味期限が切れそうなアーモンドパウダーの消費のために作っただけだから、別にいいのだ。がしかし、この次はちゃんとレシピどおりの分量で焼いてみよう。

それから昨日は体調がよかったので、初めて遠出。地下鉄で2駅先の日本語本屋に行き、本にはめぼしいものがなかったので、雑誌を1冊買って帰ってきた。帰り、駅のベンチで少し休んだが、ま全行程歩けたのだからいいだろう。

こうやって私が術後の経過をちょろちょろ書いているのは、自分のための記録という目的もあるが、もうひとつ今後同じような手術を受ける人の参考になるかなと思ってのことである。もちろん同じ子宮筋腫の手術でも、手術の方法、執刀医の手腕、本人の年齢、体調などによって、経過は変わってくるだろうが、一例としてこういうのもありますよ、ということで。たとえば食い意地が張っていれば、手術後1週間で簡単な料理(サラダとかスープとか)は作れますよ、どうしても欲しい物があれば(そして代わりに買ってきてくれる人がいなければ)手術後2週間で電車に乗って買い物に行く気になりますよ、とか。欲望は力である。少なくとも私の場合は。 

 

スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター