入院&手術費用

今回、退院するとき病院からいくつかの書類をもらったが、そのうちおもしろかったのは医療費の明細書と病理報告書だ。

何しろ入院したのは初めてなので、医療費のシステムについては全くと言っていいほど知らなかったが、どうやらHKでは滞在した病室のクラスによって、諸費用が変わるらしい。

担当医であるDr.JからC病院への入院登録書には、私の名、病名といった一般情報の他に、病室のクラスの指定欄があり、私の場合は“2nd”と“3rd”にチェックが入っていた。つまり二人部屋の“セカンド”クラスか、大部屋の“サード”クラスを希望するということだ。で実際の病院での入院手続きの際、幸いにも大部屋に割り当てられたわけだが、おかげで諸費用がだいぶ安くすんだ。

なぜかというと二人部屋か大部屋かで1日の部屋代が違うのはもちろんだが(二人部屋=1400元、大部屋=600元)、医師の回診料や執刀料、麻酔医の料金も二人部屋か大部屋かで違ってくるのだ。(以下、通貨の単位“元”は人民元ではなく香港ドルを表す。中国語では香港ドルは“元”なので)

たとえば1日あたりの回診料は二人部屋なら1300元だが、大部屋なら800元、執刀料は二人部屋3万1000元、大部屋2万3000元、麻酔医の料金は二人部屋1万333元、大部屋7667元といった具合。このほか手術室の使用料や医療機器の使用料も二人部屋と大部屋では違うのかもしれないが、こちらは明細に書かれていないので詳細不明。

いや実におもしろい。常識的に考えて、患者が二人部屋に寝ていようと、大部屋に寝ていようと、手術内容や麻酔の方法、回診の時間や手順が変わるわけではないと思うが、料金は大幅に変わるわけだ。ざっと計算しただけでも、その差1万6366元。約19万円強ちがう。“ファーストクラス”の一人部屋(特別室?)ならば、さらに高い料金設定になっていると思われるので、つまりは一人部屋や二人部屋などの高額な部屋に滞在できるような富裕な患者さんには、できるだけ多く負担していただきましょ、ということか? そして大部屋住まいのびんぼーな患者からの不足分を補う? うーむ、大部屋の料金だって決して安くはないんだけど、それでも赤字なのかしらん? まさかねえ。

ちなみに今回の入院費用を赤裸々に公開。個人情報ではあるが私の個人情報なんだから、かまわんだろう。

 

C病院請求分

部屋代(600×4日)                              2,400

医薬品代                                         974

傷口処置および用品                               182

病室処置                                         250

注射/点滴(病室内)                              186

病理検査(他機関委託)                          1,200

検査費用                                        1,289

手術室設備使用料                                 703

注射/点滴(手術室内)                           1,634

手術室機器使用料                                2,780

手術室使用料                                    5,430

手術室麻酔機器使用料                            1,400

酸素濃度計使用料                                  40

                                             18,468

 

執刀医請求分

回診料(800×5日)                              4,000

手術執刀料                                     23,000

麻酔医費用                                     7,667

                                             34,667

 

合計53,135元(約63万円)

このうちいくらが会社の保険でカバーされるのかまだ不明だが、ま、安くなったとはいえ、やはり物入りですな。

スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター