オリンピック カナダの記録

世事に疎いのでヴァンクーヴァーオリンピックがいつ始まり、いつ終わったのかまったく気づかなかったが、一応ネットで結果をチェックしていた雪だるまから面白い話を聞いた。


カナダでオリンピックが開催されたのは、76年のモントリオール、88年のカルガリー(冬季)に続き今回で3回目だが、オリンピックに関してはカナダはなかなかな記録を持っている。


オリンピック開催国は、そもそもオリンピックを招致できるくらいだから、それなりにスポーツに力を入れている国であり、当然ながら参加選手は“開催国の名誉にかけて”メダル獲得に向けて死力を尽くす。


然るにカナダはモントリオールオリンピックで、1つも金メダルを獲得できなかった。オリンピック開催国でありながら金メダルを獲得できなかったのは、カナダが初めてである。カナダは「開催国なのに金メダル0」というオリンピック史上初の記録を打ち立てたのだ。
しかも12年後のカルガリーでも、カナダは1つも金メダルを獲得できなかった。寒い国カナダが夏のオリンピックで金メダルを獲得できないのは、まあ仕方がないとしても、アイスホッケー大好き、そこら中雪ばっか、天然スケートリンクだらけのカナダが、冬季オリンピックで金メダルゼロというのは、いかがなものか。しかも開催国で。当然ながら開催国でありながら2回連続で金メダル0というのも、オリンピック史上初である。この記録はまだ破られていない。(開催国だけど金メダル0というのは、その後旧ユーゴが84年のサラエボオリンピックで達成した)


それが今回のヴァンクーヴァーでは、カナダは一気に14個の金メダルを獲得!2位のドイツ(10個)を大きく引き離して堂々の1位に輝いた。ゼロから14、なんとも極端な国である。こういう極端さはカナダの国民性になじまないと思うのだが、一応カナダ人の雪だるまはそれなりに嬉しいらしい。なかでも「アイスホッケーでアメリカに勝って金を獲得したのが一番うれしい!!」のだそうだ。雪辱を晴らしたということらしい。


私自身は国威を背負ってスポーツに励むという図式が嫌いなので、メダルの数なんかどうでもいいと思っている。冷戦時代は米国とともにソビエト連邦、東ドイツといった“東側諸国”がメダル獲得の上位に名を連ねたが、なんだか選手の顔に「勝利か死か」と書いてあるように見え、悲壮さが怖いくらいだった。
そういうのに比べれば「てへー、金メダル0だぜ」と言っている呑気な国の方がずっと好きだ。ま、たまには14個でもいいけど。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

雪見

昔のオリンピックって、入場式からしてどの国もかちっと軍隊式だったですよね。今はもっとリラックスしているみたいで良くなっていると思います。それにしてもいきなり14個はすごい。強化資金が潤沢にあったのでしょうか。
国の威信って、(今でもそういうことを言ってる人がいるみたいだけど)もういいかげんにしてほしいなぁと思います。オリンピック、ちょー鬱陶しい。
あと、わたしはよく白米にアワとかヒエとかまぜて炊いてます。白米だけよりぐっとおいしくなります。でも粟をくださった方は粟をどうやって食べろと言ってるんでしょう。粟だけ食べるのは大変じゃないかなぁと思いますが。
  • URL
  • 2010/03/04 19:36
  • Edit

雪見

粟はおかゆにするんですね。
  • URL
  • 2010/03/04 19:38
  • Edit

loutra

オリンピックゲーム、何にも見なかったから
全然実感なくて「へー」っていうだけなんですけどね。ホッケー好きのお義父さんとかは、うへへと喜んでるのかも。
カナダ政府としては金メダルの数ではなくて、メダルの総数で1位を希望していたようなのですが、結果はこれで、まあいいのかな。おっしゃるようにたぶんお金かけたんでしょうしね。
もっともカナダはモントリオールオリンピック開催でできた借金を、ついこの間返し終わったばかりで(30年以上!)、今度のバンクーバーも結局商業的には赤字だったようだから、次回はあんまりお金かけられないのかなー。
いずれにしてもスポーツなんて、国威のためにやるものじゃないですよね。
粟はもらったばかりでまだ食べてみていないのですが、P小姐は粟粥の作り方を丁寧に教えてくれました。と言っても、鍋に粟を一つかみいれ、水をたくさん入れて、最初は強火、煮立ったら弱火で30分、という至って大雑把な説明ではありましたが。
まあせっかく下さったので、試してみます。胃さえ許せば、粟粥より白米に混ぜて炊いた方がおいしそうですが。
  • URL
  • 2010/03/05 13:28
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター