文如其人

  • 2010/01/29 14:54
  • Category: 雑記
ある程度自由にあやつれる言語で書く場合、文章というのはその人の中の深い、深いところから出てくるものだ。
文如其人でも Le style c’est l’homme でもいいけれど、とにかくそういうもの。
別に加藤修一がバートランド・ラッセルについて書いたような、高度に抽象的な水準での話ではなくて、もっと日常的なレベルでの話だが。
さりげないくせに深い、いい文章を読むと、いい音楽以上に心が静まる。


わたしはそういう文章を書くことはできないけれど、読むことは、味わうことはできる。
Thanks, ** san...
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター