あと何年、かな

  • 2010/01/21 15:45
  • Category: 雑記
出張から帰ってきて以来、どうも筆が乗らない。もともとパソコンで打っている文章なのだから、“筆”が“乗る”はずもないのだが、なんというか要するに、つまんない文章しか出てこないのだ。(いやもちろん、ふだんから大したこと書いてませんけどさ)


というわけで済みませんが、事実の羅列だけ。血湧き肉躍り、こーふんで鼻腔が膨らむようなことが起こりましたら、また書くことに熱心になれると思いますので、それまではなにとぞご勘弁の程を。


さっき会社の下のドラッグストアにカルシウム剤を買いに行ったら、ふだん1138元くらいのが、今日は159元で売っていた。しかも2瓶買えば、その値段からまた15%引くという。信じられなくて、近くにいたお店の人に「ほんとに59元なの?」と聞いたら、「そうです。今年の11月で有効期限が切れるから値引きしてるの。でもまだだいじょうぶよ」とのお答え。見ると確かに今年の1120日にエクスパイアすると書いてあるが、このカルシウム剤は100錠入り。つまり約3ヶ月分なので、11月20日までには絶対飲み終わる。迷わず2瓶買った。かなり得した気分。ほくほく。


スペンサー・シリーズの著者、ロバート・B・パーカー氏が18日に亡くなった。雪だるまが転送してくれたボストン・ヘラルド紙によると、奥さんといっしょに朝ご飯を食べた時は元気だったのに、朝食後ジョギングに行った奥さんが1時間ほどして戻ってきた時には、もう亡くなっていたそうだ。なんとあっけないこと。


スペンサー・シリーズは20代、30代の私を大変楽しませてくれたシリーズだし、最近ではジェシー・ストーン・シリーズもお気に入りで、あと23作は読めるかと楽しみにしていたのに残念なことだ。


パーカー氏は享年77歳。さて私はあと何年、生きられるのだろうか。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

LC

それは残念な。訳者の菊池光氏のきびきびとした文体が好きで、菊池氏の翻訳クラスに入りたくて行った○イマルで、間違って通訳クラスに入れられたのが、今の仕事のきっかけ。それはさておいて、理想的な亡くなり方ですね。
わたくしめも後20年ほどしか生きられないのなら、仕事なんかやっている場合とちゃうやんとよく思うような年になりました。
  • URL
  • 2010/01/25 14:36
  • Edit

Spooky/loutra

菊池氏の翻訳の文体は独特ですよね。
なんかヘンだなーと思うこともあるのですが、
慣れてしまえばそれまで。
わたしも好きな仕事ならともかく、好きでもない仕事だけして
一生を終わるのはなんとも口惜しく、だからこそ来年のリタイア
めざして日々労働に励んでいるわけですが・・・。
死に方。長く苦しむのはいやですが(人に迷惑だし)
準備期間ゼロってのもなんだか。
普段から始末をつけておけばいいのかもしれませんが
生きてる途中では始末できないものもありますしねえ。
  • URL
  • 2010/01/25 16:22
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター