ねっとりこってりプディング

世の中のクリスマスムードが高まるに連れ、わたくしも着々とクリスマスモード(=休みだ!モード)に。もともとあまりない勤労意欲がますます弱まり、「もうすぐお休みだもんね」気分のもと、心ここになし状態で出勤。仕事をしながらも、休みに作りたいもののことなど考えている。ジョゼ&ブライアン組もデイヴィッドもいない今年、クリスマスは二人だけだ。失敗してもだいじょうぶだから、イギリス風のねっとりこってりしたプディングでも作ってみるか。


日曜に『Twilight』をダウンロードした。前回は1DLするのに何時間もかかったのに、今回は10分もかからずDLできた。どういうわけだ? わからん。わからんが、別にいい。
で、縫い物をしながら聞き始めたのだが、いや、これ、なかなか。ワシントン州の小さい町が舞台で、雨と霧と雪の湿っぽい雰囲気の中、都会からの転校生である主人公の少女、それに絡む青白い肌に完璧な美貌のミステリアスな少年と、もう少女小説の王道をいく感じ。漫画ならバラの花が一面に散ってるよ。
「くさー」と思いつつ、謎の雰囲気とオハナシの行方に津々と興味を惹かれるのは否めない。『ポーの一族』以来、ヴァンパイア好きだし。平井和正さんの『犬神明』シリーズ以来、人狼好きだし。
まったく、誰だよ「ガキの色恋」とか言って、ばかにしてたの?である。推奨してくれた知人に「お陰様で、はまってます」とメールした方がいいかも知れん。



*********************** 

 
プディングのレシピをあたってみた。『
Black Forest Pudding』というのが簡単そうだが、粉250gに対し、バター200g、ブラウンシュガー140g、ダークチョコレート100g・・・。これに缶詰のチェリー425gが加わる。あまそー。でぶになりそー。
おまけに粉はself rising flourを使えと書いてある。薄力粉にベーキングパウダーと塩をあらかじめ混ぜ込んであるこの粉、中国語では『自発粉』(わかりやすいですね)と言い、どこにでも売ってるから手軽ではあるんだけど、膨らませ方の加減ができないので、わたしは余り好きではない。ふつうの粉にBP入れたので代用してはだめかしらん?
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Amei

自發粉ってself rising-flour なのか self-raising flour なのか悩んだことがありました。10年ほど前。当時まだGoogleがなくて、Yahoo USで調べると、だいたい同数ぐらいのヒット数。当時仕事で話をする英語圏の人は男性ばかりで誰も知らず、ギモンはそのままになていました。
さてGoogleで今調べると、self-rising flourからは"rising"しかヒットしないけど、self-raising flourからは"raising"と"rising"の双方がヒットする。これは例のGoogleのオートコレクト機能ではないでしょうか?つまり、self-rising flourが正しい。
そうすると最後の問題は、みなさん"raising"をどう発音していらっしゃるの。[ei]じゃないの?
  • URL
  • 2009/12/23 10:15
  • Edit

Spooky/loutra

はれ、その疑問、浮かんだことなかったです。
『自発粉』を初めて見たのは十数年前の広州だと思いますが
「自分で膨らむ粉=せるふらいじんぐふらわー」だと思い込んでおりました。
で、私も当たってみました。オンライン英和と英英、グーグル・イメージ、雪だるま。
英和だとriseにもraiseにも「発酵する」の意味があり、はっきりしない。
英英はriseには「puff up」の意味があり、用例としてパン生地の発酵が出てますが、raiseには「発酵」を特に指すような説明はなし。
グーグル・イメージでは、self-rising flourも、self-raising flour も両方ヒット。製品のパッケージに『self-rising』と記しているのは、Gold Medal(General Mills)、White Lily、Martha Whiteなどで、すべて米メーカー。一方、『self-raising』と記しているのは、Orgran、White Wingなどで、この2社はオーストラリア・メーカー。
というわけで、もしかして北米は『self-rising』で、豪州は『self-raising』?
ちなみに雪だるまは『self-rising』派でした。『self-raising』は正しく聞こえないそうです。ま、奴は北米だからね。
  • URL
  • 2009/12/23 18:06
  • Edit

Amei

私が今回思ったのは、RiseがviでRaiseがvtなので、前にselfがつく以上、自動詞のほうがしっくりくるんじゃないかなーと思ったの。どう思う?そして推測していたとおり、やっぱりRaiseと書くのはオーストラリアのメーカーなわけですね。多分、RiseもRaiseもおんなじ発音なんでしょう。
  • URL
  • 2009/12/24 10:00
  • Edit

spooky/loutra

いやー発音は違うみたいよ。
riseがらいずで、raiseはれいずみたい。私の日本人耳にはそう聞こえます。
夜、雪だるまが帰ってきたら、また聞いてみますです。
んで、おっしゃるとおり自動詞じゃなきゃおかしいと
雪だるまは昨日言っていました。
  • URL
  • 2009/12/24 15:13
  • Edit

Amei

オーストラリアだと[ei]が[ai]になるから(例のtodayがto die)、RiseもRaiseもおんなじ発音だと思う。自動詞と他動詞区別してないという方言なのではないでしょうか。知らんけど。
オーストラリア英語に詳しい人教えてプリーズ。
  • URL
  • 2009/12/28 11:57
  • Edit

Amei

USよりAUの粉のほうがベーキングパウダーの量が多いとあります。どっちかを使ってちがうほうのレシピで作ると、失敗してしまいそう。
  • URL
  • 2009/12/28 14:49
  • Edit

雪見

今このスレッドに気がついたので意味なく参加!
self-raising flourって、最初見たとき「自分で自分を養う賢い粉」って思いました(笑)。self-rising flourは自分で立ち上がる粉で、英語的にはわたしはこっちがすんなり来ます。でもself-raising flourはすごく面白い。みなしごだけどなんとかお金稼いで生きている健気な男の子みたい。っていうか、この連想は明らかにディケンズの影響なんですけど(笑)。
  • URL
  • 2009/12/28 15:35
  • Edit

雪見

self-rising self-raisingが混用されてるってことは、ネイティブの頭の中で自動詞と他動詞が揺れているということだと思うし、英語学的に面白い現象なんではないでしょうか。
あと、selfがつく以上、他動詞じゃないとおかしんじゃないの??(だって自動詞なら自分でやるのは当たり前だから。)
  • URL
  • 2009/12/28 15:40
  • Edit

雪見

顰蹙の3連投です…。
Self-risingの self は「自分で(立つ)」だから副詞的でself-raising のselfは「自分を(養う)」で目的語なんだとさっき思いました。
それにしても今年は12月前半がばたばたで、シュトーレンもクリスマスプディングもパネトーネも買いませんでした。loutraさんのプディング、おいしそう。ブランデーをかけたいですね。それではよいクリスマスを!(って、もう終わってますけど。お騒がせしました。)
  • URL
  • 2009/12/28 15:54
  • Edit

Spooky/loutra

3連休の間、自分のサイトすらチェックせずにおりましたら
すみません、こんなにたくさんコメントを戴いておりました。
お返事せずにすみませんでしたです。ごめんなさい。
selfのあとは他動詞が理の当然でございますか?
なんだかわたしわかんなくなってきた。
んで、プディングの結果だけから行くと、ふつーの小麦粉に
BPと塩入れたので、ちゃんと膨らみました。
比率は粉1カップ(250cc)に対し、BP小さじ1 1/2 塩小さじ1/2
ブラックフォレストにはキルシュをかけろとありましたが
ワトソンズ・ワインセラー兼酒屋にはキルシュがなかったので
何もかけませんでした。雪だるま、私以上に下戸だし。
でも、けっこうおいしかったです。
  • URL
  • 2009/12/28 18:11
  • Edit

雪見

つまり、「自分で立つ粉」か「自分を立たせる粉」かということで、結果的には同じ意味ですよね。(しつこい)
ところでわたしは英語のcandyがどういうものなのか、ずっとわからないでいます。Candy とchocolateの境界がわからないのです。
  • URL
  • 2009/12/29 00:42
  • Edit

まるゆ

loutraさん、そして雪見さん、お久しぶりです。
ずっとブログを続けていらっしゃるんですね。
引っ越したり、コンピューターを替えたりするうちに
どんどんコンピューターと縁遠くなっております。
雪見さんの疑問、私も疑問です。
アメリカ人に聞いてもはっきり答えてくれませんね〜。
スニッカーズとか、ミルキーウェイとかああいう駄菓子的なものをみんなよくCandyとかCandy Barといってますが、私はチョコレートの比率が高いときはチョコレート、と無理やりいってます。
それでも通じています。ヨーロッパの人はどういうでしょうね。
これからもまたお邪魔しますね♪よいお年をお迎えください。
  • URL
  • 2009/12/29 11:44
  • Edit

spooky/loutra

1カナダ人である雪だるまの定義
キャンディの範囲は非常に広い。チョコレートもキャンディだし、当然、スニッカーズとかもキャンディだし、マシュマロだってキャンディだ。回りにグラニュー糖がまぶしてあるような硬めのジェリーもキャンディだ。(型に入れて固める、ぷるぷるしたのは違う)
そういうとキャンディ=スウィーツであるような誤解を与えそうだが、スウィーツにはパイやケーキも含まれ、キャンディより範囲が広い。
というようなことでした。キャンディってもしかして、甘いフィンガーフードのことだろうか?
他に定義が思いつきません。
まるゆさん、おひさしぶり〜! 久しぶりにお声が聞けて(?)すごく嬉しいです。
そうです、まだしつこくブログやってます。だって日本語なくしたら、困るもん。
  • URL
  • 2009/12/29 23:49
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター