窓際族

  • 2009/11/12 15:29
  • Category: 雑記
私の気分の落ち込みがやや好転したと思ったら、今度は雪だるまが落ち込み始めた。いつもは嬉しそうに「ただいまー」と帰ってくるのに、昨日は暗い顔で元気なく帰ってきて、ぶーとしている。大変珍しい事態なので「どうしたの?」と聞いたら「1日中何にも仕事がなかった」と、うんざりした声で答えた。


確かに何にもすることがないのに、1日中会社にいなければならないのは大変しんどい。業務が翻訳では、「仕事を見つけてやる」というわけにもいかないのだ。会社が請け負った仕事でなければ一銭にもならないし、第一翻訳すべき契約書や資料が、その辺にころがってるわけもない。


雪だるまは「この分だと年末でクビになるかも」とくらーい顔をしているが、それを聞いた私のほうは嬉しいような、困ったような。
嬉しいのは、雪だるまがクビになれば、私ももういい加減うんざりしている今の仕事を大手を振って辞められるからだし、困るのは今の金利水準が続く限り仕事を見つけなければ生活できないのだが、ケベックの田舎の景気がHKよりましなはずはなく、仕事が見つかるとは思えないからだ。せっかくカナダに帰っても、寒さとひもじさと未来のなさに震えているのでは、全然楽しくない。空が青く、水道から出てくる水が透明なだけでは、だめなのだ。分をわきまえ、ミニマムな生活を心がけるつもりではあるけれど、痩せても枯れても現代人の私たち。西部開拓時代的生活はできかねる。暖房費節約に“お婆さんは森へ柴刈りに”行ってもいいが、雪が積もる前に行かんとな。2メートルの雪の下の柴は刈れんぞや。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター