1食20個

朝ミューズリを食べるのに飽きたので、昨日から水餃子を朝ご飯にしている。「朝から餃子?」と思われるかもしれないが、焼き餃子とは違って別に油っぽくはないし、一緒に野菜を茹でれば野菜も食べられるし、割合お手軽なんである。


しかし今朝、餃子を茹でる湯を沸かしながら何気なしに餃子の袋を見たら「1食あたりのカロリー764Kcal」とあったので、超びっくり!!! 「そんな、まさか!」とよーく袋を見直したら、確かに764Kcalに間違いはないのだが、「1食あたりの個数20個」とあり、目が点になった。


この餃子、近所のスーパーで売っている台湾メーカーのお徳用パック餃子で、確かに普通の餃子よりやや小振りなのだが、それにしても台湾では1食あたりの標準は20個か。なんだか(間違ってるかもしれないけど)北方文化の名残を感じるなあ。


何しろ昔々、食糧事情が今ほど豊かではなく、糧票(食糧切符)が流通していた頃(それでも高々20年前、前世紀80年代までは流通していたと友人は言う)の中国北方では、餃子は主食兼おかずで、それだけでお腹をいっぱいにしたので、食堂で餃子を頼むときの単位は個数ではなくて斤。つまり原料の小麦粉の量で頼んだ。1斤(500g)の小麦粉で餃子がいくつできるのかは知らないが、5個や10個ではないだろう。日本のようにおかずとして食べるのとは、1食あたりの量が違うのだ。思うに、国民党が逃げ込み、北方文化が入り込んだ台湾でも、餃子は主食なのだろう。だから20個。


ただし、私は華北人でも台湾人でもないので、朝ご飯用に20個は茹でなかった。今朝は『120個』の表示に度肝を抜かれたので、いつもより1個多く6個茹でたが、ふつうは15個である。いっしょに大量の野菜を茹で、どちらかというとそっちが主食だから、それでいいのだ。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター