氷かき −まったく雪と氷の話しかないのか、ここは−

一昨日の夜、どういうわけだか気温がするすると上昇し、零度を超えた。「わあ、零下じゃなくなったよ!あったかいよ!」と、雪だるまと2人寒暖計を眺めて騒いだが、相当量の雪が積もっている状態での気温上昇は、面白がって騒ぐような事態ではないことをその後思い知らされた。

 

翌朝起きたら、玄関の石段からガレージ前の来客用駐車場まで、一面のアイスリンクになっていたのだ。夜半前の気温上昇により周りに積み上げてある雪がじわりと融けて水たまりとなり、それが日の出前の気温下降により再び凍って、厚さ1センチから数センチの氷の板になったのである。あまり足元をよく見ずに玄関から出た私は、石段ですべって転びそうになった。OMG・・・

 

玄関からガレージ前まで一面のアイスリンクでは危なくてやってられないので、朝食後、雪だるまと雪かきならぬ氷かきに繰り出したのだが、これがまた雪かき以上の重労働だった。穴掘り用シャベルくらいの大きさのアイスチョッパーでガンガン叩いて氷をかち割り、


これ、アイスチョッパー ↓


割った氷をこんな↓スノーシャベルで運んで、

雪山に積み上げるのだが、チョッパーは重いし、氷は硬い。私など10分もやったら肩と背中が痛くなってそれ以上続ける気がしなくなった。2、3日前の雪かきによる肩と背中の筋肉痛からまだ回復しきれていなかったせいもある。

 

雪だるまの方は私より格段に力持ちのうえ、male egoのなせるわざか、音を上げるのが嫌いなたちなので、鼻水を垂らしつつ黙々と作業に励んだが、それでも2時間近く頑張っても玄関前とガレージ前アイスリンクの半分超しか片づけられない。私は雪だるまが割った氷をひたすら運んで積み上げる係りだったが、氷の重さに肩も背中もぎしぎし。二人とも疲れ果て、2時間やったところで「とりあえず少し休もう」と家に入った。時計を見るとすでに午前11時過ぎ。午前中は氷かきで終わりだ。

 

そして昼過ぎ、残り半分の氷かきに出動し、またもひたすら黙々と作業。1時間以上かかってやっとガレージ前の氷すべてを撤去した。雪だるまは「うん、きれいになった」と満足そうだったが、私は内心「今はきれいだけどさー、これでまた雪が融けると氷が張るんだぜぇ」と気温上昇の気配に戦々恐々。おまけにウチのガレージ前だけはきれいだが、そこから続く道路や隣の家のドライブウェイは、つるっつるのアイスバーン。ウチだけやって、なんか意味あるわけ?の世界である。まあ庭先で滑って転んで足首骨折なんてのは嫌だから氷かきに励んだわけだが、果たしてガレージ前全面やる必要があったのかどうか、やや疑問である。人が通るとこだけでよかったんでないの、雪だるまよ。

スポンサーサイト

Pagination

Comment

とらこ

いっそ分厚い氷のリンクを作ってアイススケートを楽しんだらよいのではないでしょうか。前向きに考えよう!
それにしても、家の中が暖かいのはすごくうらやましい。。。
  • URL
  • 2012/01/26 12:31
  • Edit

loutra

とらこ様ご提案のように、バックヤードにアイスリンクを作り、子どもたちがホッケーに興じているお宅もございますが、ウチは老人2人。毎回、玄関からスケート靴を履いて出かけるってのも…。それにガレージ前は車が出入りするわけでして、ここがアイスリンクですといささか支障が…。ついでに言えば、私も雪だるまもスノーシューズは持ってますが、スケート靴は持ってないんでありますよ。しかし「前向きに」という姿勢は大切でありますので、氷かき&雪かき労働はエクササイズおよび精神鍛練と考え、黙々と励むことにいたします。
それに、ほんとに家の中はあったかいのよ♪ 外がどんなに寒くても、家の中は常に快適! このぬくぬくの有難味を感じるたびに、どうして日本ではこういう風に家を造らないのだろう?と思います。断熱材の量を増やし、窓を二重にするだけでもずいぶん違うでしょうに。平安の昔から、日本の家は夏対応なんですかねえ。
  • URL
  • 2012/01/26 20:29
  • Edit

とらこ

どうして日本の家は…とわたしもドイツで思いました。しっかりした家だと夏も涼しいですし。その後聞いたことですけど、しっかりした家は材料が重いので、力のない日本の大工さんは嫌がるのだとか。それで日本の家はぺらぺらなのだとか。嘘みたいな話だけど、ひょっとしてホントなのかも…?(と、ずっしり重いIKEAの組み立て家具を運びながら思いました。)
  • URL
  • 2012/01/27 07:11
  • Edit

loutra

私はまた費用とか、家というものの基本構造に関する考え方の違いとか、慣習とかのせいでそうなってるのかと思ってましたが、そうか、実は大工さんの体力の差だったのか!
確かにねー、大工さんに限らず欧米人と極東〜東南アジア人は、ほんとにガタイが違いますよねえ。このあたりの肉体労働者の人たちの身体の大きいこと! ま、半分は脂肪だとしても、体力、筋力には、かなり差がありそう。(イケアの家具、ちゃちいくせに半端じゃなく重いですよね。軽く、扱いやすくしようなんてことは露ほども考えてない感じ)
  • URL
  • 2012/01/28 10:44
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター