週末

  • 2009/04/20 10:36
  • Category: 映画
ゆうべは11時に本を読むのを止め、電気を消して目をつぶったのに、全然眠くならず、ついでに後から後から咳が出て、結局12時過ぎまで電気を付けたり消したり、のどスプレーを取りに行ったり、鼻水が出てきたのでティッシュでちーんとやったり、忙しくうろうろ過ごしてしまい、7時間の睡眠時間確保に失敗してしまった。ちぇー。
ついでに今朝は久しぶりに右ふくらはぎが激しくつり、激痛で飛び起きた。そういえば最近のどの薬を飲んでいるので、カルシウム剤を忘れがち。そのせいだろうか?


夕食時に熊井啓監督の『海は見ていた』を見る。私が最後まで見た映画の中では、たぐいまれにつまらない映画だった。私には主演の遠野凪子さんも、脇を固める清水美砂、永瀬正敏、吉岡秀隆などのみなさんも、信じられないほど不自然で下手くそな演技だったように思えるのだが、日活90周年記念映画として公開されたところを見ると、関係者一同、あれでいいというか、一定以上の水準に達していると判断したのだろうから、「下手くそ〜」と思ったのは私の大いなる勘違いかもしれない。


ついでに、これは女優さんたちの罪ではないが、遠野さんも清水さんも肩が大変立派で、着物を着ると首の下に肩がずずんと左右に張り出しているのが、全然江戸の女っぽくなくて笑ってしまった。(最後、二人で屋根の上に座っている場面とか)
戦前や戦後すぐの映画を見ると、登場している女優さんたちはほとんど肩がない。美人女優といわれた人ほど、肩幅がない上になで肩で、その上に頭が乗っているものだから、大変頭でっかちに見える。たとえて言うならこけしに日本髪のかつらを乗っけた感じなのだ。今から見ると不自然に肩がないのだが、私の祖母やその姉妹の体型を思い出してみても、当時はあれが普通であり、したがって江戸時代まで遡れば、女たちの肩は当時以上に細かったと思われる。
まあ160センチ以上の身長が普通の今の女優さんたちに、そんなことを言ってみても無理な話だが。

報告
金曜の会食は無事おわりました。いつもどおり可もなく不可もなくの料理ができあがりました。しかしいくら下準備をしておいても、客人と同時に家に帰り着き、それから料理に取り掛かったのでは、客人を30分以上待たせることになると、よくわかりました。
レンティルと同じ大きさに、ピーマン2個&玉ねぎ1/3個を切るのは大変です。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

LC

戦争ものでも、役者さんの体格が立派すぎて、いくらメーキャップで頬をこけさせて、食料難で飢えていたって雰囲気を出そうとしても無理がありますね。
  • URL
  • 2009/04/21 12:20
  • Edit

loutra

専門家の話によると、馬も現代の馬は体格が立派過ぎて
時代考証的には×だそうです。
そうは言っても人も馬も、芝居のために小さくなるわけにはいかず
そういう細かい点には、目をつぶるしかないのでしょうね。
役作りのため、すごーく太ったり、すごーく痩せたりする
俳優さんもいますが、あれも身体に悪そうですもんね。(笑)
  • URL
  • 2009/04/21 17:16
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター