現況報告

  • 2009/04/14 10:41
  • Category: 雑記
妹とはメールで現況報告をし合っているのだが、それによると実家トイレに、掴まるためのバーをつけたそうである。洋式トイレでも、腰かけたり立ち上がったりする時に、バーがあった方が容易かつ安全ということなのだろう。社協(社会福祉協議会)からのレンタルで、月150円だそうだ。
 
で、その次に、母が自殺を企て、しかし父に発見されて未遂に終ったというニュースが書いてあった。「・・・」
トイレにバーをつけた話の後に書いてあるあたり、妹が母のこの企図を重要視していないことは見え見え。聞かされた私自身も「あらまあ、やれやれ」と思っただけである。

理由はいくつかあるが、まずは
1.     実行時間や方法から見て、母にこの企図を絶対に成功させようという強い意志が感じられない。どちらかというと「皆さんに長期間迷惑をかけないように、一応私も努力しましたよ」というジェスチャーのための自殺未遂であるように思える。
2.     またたとえ強い意志があり企図が成功したとしても、自殺を悪いことだとは思っていないので、特に困惑を感じない。私自身、過去に自殺を企図したことがあり、私は自殺を自分の人生をコントロールする手段のひとつだと考えている。自らを生存させる権利があるのなら、自らを殺す権利があってもいいだろうということである。したがって私同様、自分の人生をコントロールしたい性格の母が、医者や自然のなりゆきではなく、自分の意志で自分の寿命を決めようとするのは、容易に理解できる。自殺しようとしたからと言って、可哀想だとか哀れだとかは思わない。
2点が挙げられる。


1.については、未遂に終った翌日、母はけろりとしていつもどおり流動食を食べていたそうで、ふさぎこんで食欲もないという状態ではない。また自殺を試みる一方で「父を一人残すのが心配だ」と言っており、どうも言動に矛盾がある。私と妹としては「一人残すのが心配なら、自殺するなよ」「父をねちねち苛めるなよ」と言いたいところだが、母の性格から考えて、言えば火に油を注ぐことになりかねないので、とりあえず何も言っていない。
2.については、特に付け加えることもない。キリスト教では自殺は罪ということになっているが、私も母もキリスト者ではない。その他の宗教に帰依してもいない。宗教的禁忌がなく、道徳的にも悪いと考えていなければ、残るは違法適法問題だが、日本の刑法では自殺は処罰の対象ではない。自殺教唆や自殺幇助や同意殺人は刑法上犯罪だが、自殺そのものは犯罪ではない。つまり私の側にも母の側にも、自殺を止める理由はないということだ。正確には、自殺幇助と見られては法的にうまくないので、未遂状態で発見した場合、私の側としては助けるべく努力した方がよいが。


それにしても、私も妹も母の問題となると、どうしてこうも無感情なのだろう。昨夜妹から珍しくメールではなく電話があり、30分ほど話したのだが、「看護士さんとか、ヘルパーさんとか、みんな私の方が精神的に参っちゃうんじゃないかって心配してくれるんだけど、わたし全然、なーんにも感じてないんだよね〜」と言っていた。外見は全然似ていない私と妹だが、こういうところは似ている。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

hananoiro

その後お加減いかが。せきも3週間続いたら
必ず、お医者に行ってくださいね〜。
前回、一年ぶりの出現にもかかわらず、覚えていて
もらってて感激でした。(ゴミ屋敷のコトまで‥‥^_^)
いやー、しかし今回コメントできません、重すぎて。
無感情な対応てのは、本当かしらと思いつつ
少しうらやましくもあります。
戦史の結果の諦観なのでしょうか?
私は未だ、巻き込まれます。難事業です。
今、カルトナージュ、やってるんですよ。
ノートのためのハードカバーですが、5年くらい
使ってボロくなってたので、loutraさんの記事を機に、
腰をあげました。台紙をミリ単位で切り出していく
作業が一番大変っす。
写真額も、適当に作ってみる予定。
loutraさんもがんばれ〜。
ではまた。
  • URL
  • 2009/04/14 17:42
  • Edit

loutra

昨日は調子が悪かったものの、今日はまた咳も喉の痛みも
薄らいだので、いまだ医者には行っておりません。てへへ。
お心遣い、ありがとうございます。
なんだかねー、喉だけは敏感なんですよね。
頭の神経は鈍感なくせに。
無感情はご推察の通り、長年の闘争の結果です。
妹も私も、感じないことで自分を守って参りましたので
いまさら何か感じろと言われても、それは無理ってモノで
ございます。
ところでカルトナージュ。
そうですか、hananoiroさんもなさいますか。
私も連休中に、それ用の布を2種買ってまいりました。
しかし厚さ2ミリの紙ってやつがなかなか見つからず
はて、どうしたものかと思っております。
会社にいっぱいある、コピー用紙が入ってた箱を
つぶして、切って、使ったんじゃまずいでしょうか?
  • URL
  • 2009/04/16 10:58
  • Edit

hananoiro

すみません、こんなにしげしげと書き込む
つもりは無かったのですが、今回だけ。
カルトナージュ台紙、自分は1mm厚に両面に
薄ケント紙が張ってあるもの、を使ってまして
充分な強度と思われます。また、1mmでもカッター
での裁断は大変難儀、呪いの言葉をはきそうです。
1mmのもので試してみては。
(ダンボールは、いまいちだと思いマス‥‥
多分湿気るかと‥‥)
>無感情はご推察の通り、長年の闘争の結果です。
そーですかー。でも、人としてやるべきことはやる、
という姿勢でしょうか。
でも例えば、うーん、1,000のウンザリの記憶があっても
2、3の楽しかった記憶があったりとかして
ゆらぎませんか?うーん。なんと言うか。
例えば、うちの親って不憫だなーと思うことがよくあり、
少しの幸福を分けてあげたい気持ちが、伝わらず or
結構アダとかツケコマレになります。わたくし。
「甘いです!アキラメなさい!」なのでしょうね。
あーあ。
どっちにしても難しくて面倒くさい〜。
まあ、そんなこんなです。ではまたいつか〜。
  • URL
  • 2009/04/16 14:47
  • Edit

loutra

書き込んでいただけるということは、読んでいただいている
読んで何らかの感想を持っていただいているということで、
大変嬉しいことです。書き込み、熱烈歓迎!でございます。
どうぞいっぱい書き込んでください。
カルトナージュ
うーん、ダンボールはだめですか。これなら大量にあるん
ですけどねえ。湿気やすいと言われると確かにそうかも。
HKは本日も湿度90%超でございます。
私は母に苦しんで欲しいわけでも、辛い目にあって欲しい
わけでもないのです。一番理想的には「幸せに暮していて
欲しい。ただし私には関わりのない所で(笑)」
父との間には大人になってからも含め、
楽しかったこと、助けてもらったこと、救われたことの記憶が
たくさんありますが、母との関係では何も浮かびません。
選択的記憶喪失に陥ってるのかもしれませんが、
楽しかった記憶ってないんですよね。
ただ人を呪わば穴二つなので、母がやったことの数々を
忘れてはいませんが、恨みにも思っていません。
だから無感情ではあっても、やるべきことはやるつもりですし
実際私も妹も母が感謝する程度にはやっているわけで
それでご勘弁くださいというところです。
  • URL
  • 2009/04/16 18:15
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター