2日目

  • 2008/12/18 12:10
  • Category: 仕事
というように1日目は盛りだくさんに過ぎ、一同12時過ぎに就寝したにも関わらず、翌日は朝8時に集合出発。誰一人遅刻しなかったのはえらいものである。中でも日本人参加者は8時といわれれば、755分にはロビーに集合する律儀さ。お茶漬けより、たくあん、納豆より「日本人的」である。(なぜ例がみな食べ物なのかは不明)


2日目の参観企業は1日目の企業さんより会社の規模が大きいせいか、用意してくださったバスも大きくゆったり座れ、故障もなく、順調に日程を消化。事故がないのはよいことである。延々バスに揺られ、遠くまで参観に行ったのは同じだが、お客様方も1日目よりは疲れが少なかったことだろう。


しいて個人的かつささいな不満点を挙げれば、夕食には出席しないはずだった企業の偉いさんが突然出席することになり、しかも私のとなりに座ったので、食事の間中ほぼずっと通訳をするはめになり、夕食を食べ損なったこと。上司殿のアレンジにより、私のテーブルは全員日本人で、しかも中国語を喋る人はゼロ。しかし企業の偉いさんは中国語しか喋れない中国人では、致し方のないことである。実力十分の一流通訳さんならば、にこやかに会食しながらさらさらと通訳していけるのだろうが、実力不十分の五流通訳では、質問を通訳し、回答を通訳してれば食べてる暇はない。

しかしまあ、お客様方をホテルに送り届けた後、ひとりでホテル周辺をうろうろし、80年代に建てられたと思われる古ぼけたアパートの1階で、中華鍋ひとつで簡単な食べ物を供しているオバサンのところで、牛肉麺食べたからいいけど。そのアパートはどういうわけか、1階各部屋はガレージのように外に向かって全開。おばさんはその前面で、でこぼこのコンクリートが打たれた通路兼中庭に向かってガス台を置き、各種材料を並べて麺やご飯を供しているのである。
そしてそんなことをしているのは実はそのオバサン一人ではなく、両隣も同様。つまり三人並んで(うち一人はオジサンだったが)それぞれ店開きしているのである。私はたまたま真中のおばさんを選んだが、右隣では学校帰りと思しき中学生男子3人くらいが、がやがやと麺をすすり、左隣では仕事帰りの青年が背をかがめて盒飯(発泡スチロールの蓋付きケースにご飯を盛り、その上におかずを乗せた、お手軽ご飯)をかき込んでいた。

料理するおばさんたちの手元には電気が点いているが、客用のプラスチック腰かけ(日本だったら風呂場で使うような低いやつ)が並んだ中庭は、電気から遠くて薄暗がり。
5元の牛肉麺の中身はよく見えない。「野菜は何にする?」と聞かれて選んだ中国レタスはそこここに浮かんでいるし、葱と豆腐揚げとピーナツも歯ざわりでわかるが、さて牛肉はいずこに?まあ5元の牛肉麺の“牛肉”は、牛肉ではなく噛み切れないほど硬い水牛肉だろうから、別に椀の中に姿が見えなくても惜しくはないが、とうとう最後まで我が舌は「牛肉、発見!」とは叫ばなかった。
前夜の“芋尽くし”同様、この牛肉麺もそう簡単には忘れまいと思う。


なんか連日食べ物のことばかり書いていて申し訳ないが、参観内容の詳細は差し障りがあって書けないし、読者諸兄姉よ、許されよ。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

のりP

ちょっと小腹を満足させるために、
外で麺どころをみつける。
とっても 懐かしいし、いいですよね。
(っていうか、コッチにはないから…)
牛肉麺・・・牛が見えなくても、
食べてみたいです。
↑の名前、中華材料屋さんで
カップラーメンで最近見ますよ。
もちろん、中国製。(笑)
  • URL
  • 2008/12/18 16:53
  • Edit

loutra

そっかー、麺屋さんはないですかー
ないですよねえ。駅の立ち食いそばもないしねえ。
すると小腹が空いた時はカフェ?
あるいはピザ?
同じ麺でも、スパゲティはもっと“食事”っぽいですよね。
量も多いし。
リリちゃんとかは、お腹がすくと何食べてるのかな?
  • URL
  • 2008/12/19 18:05
  • Edit

のりP

アジアのように ちょっとした外食の選択が少ない。
でも最近は、クロワッサンショップみたいなのが
増えてきたみたいな気がします。
ちょっと サンドイッチ+αみたいな、
軽く暖かいものも食べられるみたいなね。
でも、やっぱりいまいちですよね。
夜は閉まっちゃうし。
軽食系では アラブ系のシシカバブサンド(ケバーブ)が
幅きかせてます。
子供はまだ 外へ出ることはないので、
おやつを家で食べます。
たとえ 外出ても 家の近くは「ウシ」しかいないしねぇ…
田舎なんで・・・(汗)
  • URL
  • 2008/12/19 23:24
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター